250SXイースト決勝フルビデオ|2017 AMAスーパークロス 第16戦 イーストラザフォード


 

 

2017 AMAスーパークロス 第16戦 イーストラザフォード、250SXイーストのメインレースハイライトビデオ&リザルト、最新ポイントランキングをシェア。

 

250SXクラスはイーストシリーズ終盤の第8戦(全9戦)。ポイントリーダーのジョーイ・サバッチー(カワサキ)を追うランキング2位、3位のジョードン・スミス(KTM)、ザック・オズボーン(ハスクバーナ)はサバッチーを追い詰められるのか?

 

コースはワダチが多く荒れたコンディション、多くのトップライダー達を苦しめ勝敗の行方を左右する要素に。話題集める450SXクラスのタイトル争いに負けない残り2戦の熾烈なタイトル争い、エンジョイ!

 

Mxgp/ama/supercross

 

 


 

 

AMAスーパークロス事件簿|ジョーイ・サバッチー「ペナルティ瞬間」一部始終

【250SXイースト 決勝結果】

1. Zach Os­bor­ne (HUS), 18 laps – スタート直後10番手から追い上げ、今季最多の4勝目!シーズン中盤戦までの強いオズボーンが帰ってきた。荒れたコースをものともしないアグレッシブなライディングは他を圧倒。逆転タイトルに向けて必勝体制でレースに挑んだとコメント。

2. Dy­lan Fer­ran­dis (YAM), +04.546 – MXGPからAMAへと参戦開始1年目で今季最上位の2位。今季2度目の表彰台。AMA1年目は優勝にこだわらず経験を積む年とコメント。GP経験が生きたのか? ワダチの多い荒れたコースでのスピードが光りました。

3. Jor­don Smith (KTM), +09.811 – 3連勝をかけて挑んだ一戦も荒れたコースで精彩を欠くも、最終戦を前にポイントリーダー浮上。1点差のリードはあってないようなものだが自分自身、チームにとっても重要なポイントリーダーの座とコメント。

4. Adam Ci­an­ci­a­ru­lo (KAW), +15.232 – 好スタートもペースが上がらず後退。後方を確認する姿が度々見られましたがウィルス性疾患で体調不良だったコメント。

5. Chris­ti­an Craig (HON), +16.619
6. Ky­le Cun­ning­ham (SUZ), +33.397
7. Lu­ke Renz­land (YAM), +35.722

8. Joey Sa­vat­gy (KAW), +07.484 – 転倒復帰時のコースショートカットのペナルティにより3位フィニッシュも「5順位降格」のペナルティ。転倒もありましたが今季のサバッチーを象徴するかのようなトップ走行もリードを築けない展開。昨シーズンも僅差でタイトル逃しているし、最終戦までベストを尽くすのみとコメント。

9. Ca­me­ron Mca­doo (HON), +47.345 – 負傷欠場ハンプシャー代役としてガイコホンダと契約を果たしたルーキーのガイコホンダ初戦で今季最上位タイ。モトコンセプトからのシーズン途中からの移籍で昨年のモンスターエナジーカップ、アマチュアオールスターズ優勝ライダー。

10. An­t­ho­ny Ro­d­ri­guez (YAM), +57.177
11. Gan­non Au­det­te (KAW), +1 lap
12. Fre­drik No­ren (HON), +1 lap
13. Mit­chell Har­ri­son (YAM), +1 lap
14. Jes­se Went­land (HON), +1 lap
15. Paul Coa­tes (YAM), +1 lap
16. Hen­ry Mil­ler (YAM), +1 lap
17. Nick Gai­nes (YAM), +2 laps
18. Jos­hua Cart­w­right (YAM), +2 laps
19. Jer­ry Ro­bin (YAM), +2 laps
20. Keith Tu­cker (YAM), +2 laps
21. La­ne Sta­ley (KAW), +2 laps
22. John Short (SUZ), +2 laps

 

 

【250SXウエスト ポイントランキング(8/9 Rd.)】

1. Jor­don Smith (KTM), 160 points – サバッチーのペナルティにより新ポイントリーダー浮上!
2. Joey Sa­vat­gy (KAW), 159 – 1点差 – 昨年も1点差でクーパー・ウェブに破れランキング2位。再逆転なるか?
3. Zach Os­bor­ne (HUS), 159 – 1点差 – 1点差に3人のタイトル争い。最もスピード、勝負強さあるのはオズボーンでしょう。最終戦の緊張状態で本来のパフォーマンス発揮できればタイトル最右翼でしょう。
4. Adam Ci­an­ci­a­ru­lo (KAW), 146
5. Dy­lan Fer­ran­dis (YAM), 126
6. Chris­ti­an Craig (HON), 97
7. Lu­ke Renz­land (YAM), 84
8. An­t­ho­ny Ro­d­ri­guez (YAM), 80
9. Ky­le Cun­ning­ham (YAM), 77
10. Mit­chell Har­ri­son (YAM), 74

 

 

AMAスーパークロス事件簿|ジョーイ・サバッチー「ペナルティ瞬間」一部始終
速報450SXハイライトビデオ|2017 AMAスーパークロス 第16戦 イーストラザフォード
速報250SXハイライトビデオ|2017 AMAスーパークロス 第16戦 イーストラザフォード
大注目!残り2戦|2017 AMAスーパークロス 3点差のチャンピオン争い
モトゴシップ|AMA王者 ライアン・ダンジー現役引退説
モトゴシップ|トレイ・カナード(Red Bull KTM)負傷
モトゴシップ|ブロック・ティックル(RCHスズキ)負傷
SX関連記事まとめ|2017 AMAスーパークロス 第15戦 ソルトレイクシティ
レース事前情報|2017 AMAスーパークロス 第16 戦 イーストラザフォード

 

 

Simon Cudby


You may also like...