モトゴシップ|ネイションズ「ベルギー代表」悪夢再び。2人目の負傷ライダー交代


 

 

9月30日、10月1日にイギリスで開催される国別対抗世界選手権「2017 モトクロス・オブ・ネイションズ」。モトクロスのオリンピックとも称されるビッグイベント。

 

ネイションズ優勝15回、アメリカ、フランスと並ぶ表彰台常連国のベルギー。チームのエースライダーとして、MXGPクラス参戦が発表されていたクレモン・デサールの負傷によりライダー交代の記事をシェアしたばかりだったのですが…

 

モトゴシップ|「2017 モトクロス・オブ・ネイションズ」ベルギー代表に負傷代役騒動

再び代表ライダーに負傷代役ライダー起用のニュースです。

 

 

今度はMX2クラス担当のジュリアン・リーベル(KTM)がMXGP最終戦で負傷したヒザの靭帯へのダメージによりネイションズ参戦不可の判断。急遽、決定された代役ライダーには今季MX2クラスでランキング10位のブレント・ファンドニンク(ヤマハ)。

 

昨年もネイションズ出場、今季表彰台にも一度登壇の実力者。MX2クラスにおけるヤマハトップチーム所属の21歳のライダー。

 

【2017 ベルギー代表チーム】

  • MXGP(450)ジェレミー・ファン・フォルベーク(ヤマハ)
  • MX2(250)ブレント・ファンドニンク(ヤマハ)
  • OPEN(450)ケビン・ストライボス(スズキ)

 

2人目のライダー交代により当初の代表メンバーから戦力ダウンは避けられませんが、MXGPトップライダーを揃えられるMX大国ベルギーの選手層の厚さ… 改めて羨ましい限りです。

 

優勝候補のフランス代表、アメリカ代表、ベルギー代表に負傷ライダー交代や代表辞退が相次ぐ2017年のモトクロス・オブ・ネイションズ。ポジティブな味方をするとある意味、本命不在の大混戦が予想され例年以上に大注目となる大会という見方も出来るかもしれません!

 
モトゴシップ|「2017 モトクロス・オブ・ネイションズ」ベルギー代表に負傷代役騒動
モトゴシップ|モトクロス・オブ・ネイションズ3連覇中フランス代表にエンデューロライダー抜擢
モトゴシップ|マービン・ムスキャン「モトクロス・オブ・ネイションズ」フランス代表辞退
モトゴシップ|「2017 モトクロス・オブ・ネイションズ」アメリカ代表発表
モトゴシップ|イーライ・トマック「モトクロス・オブ・ネイションズ」アメリカ代表辞退


You may also like...