モトゴシップ|能塚智寛「負傷欠場代役」AMAライダー抜擢


 

 

2017 FIMモトクロス世界選手権 MXGP 第3戦 アルゼンチンGP で負った、脊椎骨折(C6、C7)、股関節脱臼により長期欠場が続いている能塚智寛選手。

 

所属するTeam HRCから能塚智寛選手の代役としてAMAに参戦するベネズエラ人ライダー、アンソニー・ロドリゲス起用を正式発表。

 

 

リリース抄訳するとロドリゲスとの契約はイタリアGPとポルトガルGPの2戦。ロドリゲスはリリース内コメントで既にヨーロッパ入りし、マシンテストも順調で好感触とのことです。

 

ロドリゲスはベネズエラ出身ながら、アメリカのアトランタ州にあるMXトレーニング拠点「MTF」をベースに活躍。一昨年まではヤマハファクトリーサポートチーム「スターレーシングヤマハ」に所属しました。

 

Anthony Rodriguezさん(@anthonymx49)がシェアした投稿

 

安定感に難アリも一発のスピードとポテンシャルはアマチュア時代から定評あるライダー。ベネズエラと縁の深いポルトガルでの活躍が特に楽しみです。

 

今季Team HRC MX2クラスでは能塚智寛選手の代役は、オランダ人ライダーのファンベーケルに続いてロドリゲスで二人目。いずれも数戦単位の契約となっているのが苦しいチーム事情を表しているかのようです…

 

 

AMAモトクロス事件簿!無人バイク暴走急降下@AMAモトクロスRd.2 グレンヘレン
【あのMTFからビデオ再び!】A・ロドリゲス@MTF SXコース
モトゴシップ|MXGP参戦の能塚智寛、負傷続報!

Honda Racing Corporation

 


You may also like...