1周タイムアタック勝負!「スーパーポール」2016 スーパーモトクロス・ライダーズカップ


 

sr161013herlingssmx

 

メーカー別対抗団体戦「スーパーモトクロス・ライダーズカップ」決勝前に行われた、1周タイムアタック「スーパーポール」に出場したロマン・フェーブル(ヤマハ)、ジェフリー・ハーリングス(KTM)、ティム・ガイザー(ホンダ)のビデオをシェア。

 

各メーカー代表者1名、合計6名が一人づつの走行による1周タイムアタック「スーパーポール」。エキシビジョン的色合いが強いものではありますが、この順位が決勝レースでのスタートグリッド順を決定することになります。

 

世界チャンピオン4名、AMAスーパークロス250チャンピオン1名という世界トップライダー達の緊張感あふれる「1周」タイムアタックは必見です。エンジョイ!

 

 

ガイザー速し! ハーリングスとフェーブルはアグレッシブさが裏目に。ちょっとしたミスがタイム差に表れた結果に。

 

Superpole Results – 2016 SMX Riders and Manufacturers Cup

1: ティム・ガイザー(ホンダ) – 49.390
2: ジェフリー・ハーリングス(KTM) – 49.418
3: ザック・オズボーン(ハスクバーナ) – 49.721
4: ロマン・フェーブル(ヤマハ)– 50.766
5: ジョルディ・ティクシエ(カワサキ) – 50.833
6: ジェイク・ワイマー(スズキ) – 51.573

 

AMAやMXGPでは見ることが出来ない「スーパーポール」。オーストラリア選手権やシーズンオフのレースではエキシビジョンとして行われることも増えてきているようです。過去にオーストラリアでスーパークロス観戦した際、実際に見る機会がありましたが、チャド・リードが登場したときにはライダーだけでなく会場全体がひとつになったかのような緊張感というのでしょうか? 独特の興奮、盛り上がりでした。

 

実際に会場へと足を運んだお客さんが通常のレース以上に、その1周・瞬間でしか体感できない興奮を感じられるということで満足度の高さが「スーパーポール」採用率の高さにもつながっているようです。

 

 

 

pc: Ray Archer KTM Media Library


You may also like...