【ビンテージモトビデオ】USヤマハ発 リック・ジョンソン キャリアハイライトビデオ!

sr141230banner

 

【2015年12月21日の記事を再編集】

 

ヤマハ60周年を記念して、USヤマハがレジェンド達を紹介するビデオをリリース。今回シェアするのは1982年の第一回ジャパンスーパクロス以降、日本のアメリカンモトクロスムーブメントの最重要人物! リック・ジョンソン!

 

 

リック・ジョンソンのザ・カリフォルニア的な明るいキャラクターとファンサービス精神が反映されたライディング&レーススタイルは、アメリカンモトクロス世界最強時代を築きあげると共に、その当時のアメリカモトクロス界の象徴でもありました。

 

1982年11月23日、第一回ジャパンスーパークロス以降にジョンソンの活躍を知ることとなった多くの日本のモトクロスファンですが、それ以前からヤマハファクトリーライダーとして活躍の若手期待のライダー。

 

 

ビデオでも紹介あるように、1982年AMAモトクロス250クラスで現在活躍中のジョシュ・ハンセンの父親、ドニー・ハンセンとタイトル争いを繰り広げるも、最終戦でジャンプを飛び過ぎるという自らのミスによりホイール破損のトラブルでタイトルを逃す結果に…

 

1994年にAMAモトクロス250クラスタイトル獲得。1986年のホンダへ移籍後の活躍で一気にスターダムにのし上がります。

 

AMAスーパークロスでは、当時ボブ・ハンナが記録した最多優勝記録を打ち破りました(28勝、現在7位)。

 

 

ジョンソンの自身のスーパークロス初優勝の地、日本のモトクロス界で最も愛されたリック・ジョンソン。この人の存在無くして、現在の日本のモトクロスシーンは存在していなかったはずです。

 

余談ですが、デーモン・ブラッドショーのスーパークロス初優勝は、当時全盛期だったジョンソンを破った、1988年の大阪西宮スーパークロスでした。

 

1982年11月23日 ジャパンスーパークロス 後楽園球場(日本初スーパークロス開催)

 

日本モトクロス史における最も重要なレースのひとつ。モトクロスセンター試験があったなら… 必ず出ます(笑)

 

筆者小学生時代、観戦に行ったこと、スタンドからの光景、レースの迫力や大歓声を今でも鮮明に記憶しています。「クラッシュキング」奥村選手の姿も…

 


You may also like...