【モトゴシップ】2017年 全日本モトクロス選手権 チーム体制ゴシップまとめ


 

【2017年2月13日 再編集】

 

AMAやMXGP界では続々と2017年シーズンのライダー契約や主要チームのレース参戦体制が発表されています。日本のレースファンとしては、全日本モトクロス選手権のチーム体制やライダー移籍情報等のお話も気になるところ…

 

そこで現在、正式発表やモトゴシップとして囁かれている 2017年全日本モトクロス選手権チーム体制 をファクトリーチームやトップライダーを中心にニューモトでは一度ここで整理してみようかと。2017年シーズンの全日本モトクロス選手権もワクワクするような興味深い動きが見えてきました… 信じるか信じないかはアナタ次第! エンジョイ!

 

sr161220narita

 

<Team HRC>
IA1 成田 亮 残留
IA1 山本 鯨
新加入

 

まずはV11 全日本モトクロス王者、IA1 ディフェンディングチャンピオン成田亮選手擁するホンダファクトリー「Team HRC」から。2016年シーズンと同様、2名体制。絶対王者の成田選手に加えて、FIMモトクロス世界選手権 MXGPから山本鯨選手が2013年以来となる全日本モトクロス選手権復帰となり、Team HRC加入です。

 

下記リンク先でファクトリーチーム「Team HRC」、サポートチームの正式発表ありました。

 

2017年Hondaモータースポーツ活動計画の概要

ファクトリー体制としての活動は「IA1」のみ。2016年 IA2 チャンピオンの能塚選手はFIMモトクロス世界選手権MXGPシリーズ参戦へ。下記で改めてご紹介。

 

Team HRC アドバイザーを務めていた勝谷武史選手は、2017年も引き続きアドバイザー、テスト業務を務める模様です(代替出場の可能性も)。

 

 

sr161004arai

 

モトゴシップ|カワサキファクトリー「K.R.T.」消滅「チームグリーン」へ!

<チームグリーン>
IA1 新井 宏彰 残留
IA1 小方 誠 新加入

 

カワサキファクトリー「K.R.T.」から「チームグリーン」としての活動を発表。チーム運営をカワサキモータースジャパンへ委託し、主要チームスタッフは川崎重工からカワサキモータースジャパンに出向という形の模様。2016年 全日本モトクロス選手権 IA1 ランキング2位の新井選手に加えて、2016年シーズンはカワサキのマシンでプライベートチームから参戦していた小方選手が新加入となります。小方選手にはファクトリーマシンが貸与されていた経緯もあり、新体制にも問題なく馴染めることでしょう。

 

 

sr161220kojima

 

モトゴシップ|2017 全日本モトクロス選手権参戦スズキファクトリー体制発表

<Team SUZUKI>
IA1 小島 庸平 残留
IA1 深谷 広一 新加入

 

タイトル奪還を狙う小島選手をエースライダーとし、2016年シーズンはプライベートチームからスズキのマシンで参戦していた深谷選手をファクトリーチームに抜擢。ポテンシャルの高い、深谷選手が初のファクトリー体制を得てどのように飛躍していくのか見所でしょう。

 

スズキファクトリー「Team SUZUKI」もファクトリー体制は「IA1」のみに限定。ニューマシンの登場も噂されていますが…

 

 

sr161220hirata1

 

<YAMAHA FACTORY RACING TEAM>
IA1 平田 優 残留
IA2 渡辺 祐介 新加入

 

エースライダーの平田選手に「IA2」ライダーの渡辺選手が合流。これまでと異なりIA1, IA2共にファクトリー体制となる模様。これにより、国内ファクトリーチームとしてはヤマハのみが「IA2」ライダーを正式に参戦させることに。

 

ヤマハにもニューマシン登場の噂があるとか…

 

 

sr161220hoshino

 

<KTM うず潮レーシング福山>
IA1 星野 優位 残留

 

2016年シーズン、KTMで全日本モトクロス選手権初となる表彰台獲得の星野選手はヒザの怪我で長期欠場もKTM うず潮レーシングから復帰予定。

 

 

sr161220notsuka

 

その他、大きな話題としては2016年 IA2 チャンピオン、能塚智寛選手(ホンダ)がFIMモトクロス世界選手権 MX2 クラスへ参戦へ! 所属はMX2クラスにおけるホンダファクトリーチーム「Team HRC(マーティン・ホンダ)」と見られており、既に海外メディアにも能塚選手の名前は登場済。2016年シーズンのスイスGPにスポット参戦し、総合23位(23位 – 21位)のリザルトを残しています。

 

モトゴシップ|2016 全日本モトクロス選手権 IA2 チャンピオン 能塚智寛 MXGP参戦へ

2015年全日本モトクロス選手権 IA2 チャンピオン、富田俊樹選手は2017年もAMA参戦継続へ。2016年シーズンはAMAモトクロス序盤戦で腰椎、ヒザ、鎖骨にダメージを負う大怪我で戦列離脱。現在もリハビリ中とのことで復帰時期は未定の模様。

 

 

【トッププライベーター、IA2勢他】

 

sr161007ikegaya

 

IA1勢では、池谷優太選手が引き続き、SRF TEAM REDZONEから参戦濃厚も新体制の可能性あるとか。馬場大貴選手も「TEAM 887 & ホンダドリーム」と体制に変化ない模様もチーム名等、変更の可能性あり。IA2からは田中雅己選手(TEAM ナカキホンダ)、大塚豪太選手(T.E.SPORT)がIA1へステップアップ予定。他にもIA1ステップアップとなるライダーが増えそうです。

 

2016年シーズン、AMAモトクロスにスポット参戦後、全日本モトクロス選手権IAクラスにプライベーターとして参戦していた安原志選手は、マシンをカワサキに変更。KX250Fを駆りIA2クラス参戦へ。チームは星野裕選手や植田翔太選手が所属する八尾カワサキ。

 

スズキのサポートチーム、SRMマウンテンライダースは池本凌汰選手に加えて、2016年シーズンはヤマハのマシンで出場の馬場亮太選手が新加入。

 

sr161220okanotakenaka

 

2016年 IA2 ランキング2位の岡野聖選手(ヤマハ)は体制変わらず、フライングドルフィン サイセイからIA2参戦へ。

 

スズキファクトリーで活躍してきた竹中純矢選手の去就は不明…

 

国内4メーカーで「IA2」ファクトリー活動がヤマハのみといのは寂しい限り。マシン開発のプライオリティが最優先と言われる国内ファクトリーチーム活動。今の時代、日本のレースシーンも海外で最新情報がシェアされ、ニューマシンやファクトリーマシンの存在はグローバルでの影響力も大きく、セールス面においても250Fマシンの開発、活躍は重要なはず。IA1クラス同様にIA2クラスでもファクトリー活動、ファクトリーライダーが活躍してくれることにより更なるレースシーン活性化への効果も期待出来ますので、今後の動向にも注目していきたいです。

 

srr161005atsuta1

 

ビッグネームの引退が大きなニュースとなった2016年シーズンですが、そのビッグネーム達が何かしらの形でレースの現場へ戻ってきてくれる情報もあります。中にはアッと驚くような嬉しいプランの可能性もあるとかないとか…

 

以上、有力チームを中心とした2017年シーズンに向けてのゴシップまとめでした。IA2やプライベーター関連でも面白い動きがあれば、改めてまとめていく予定です。

 

AMAスーパークロス開幕間近、あっという間にMXGP、全日本モトクロスの開幕時期が訪れます。この手のゴシップでワクワクしながらメーカーからの正式発表、そして2017年シーズンの全日本モトクロスの盛り上がりに期待したいと思います!

 

正式発表!|2017年 全日本モトクロス選手権年間指定ゼッケンリスト
モトゴシップ|MFJから2016 モトクロス委員会議事録ダイジェスト版公開
モトゴシップ|2017年 全日本モトクロス選手権レースカレンダー正式発表
ありがとう&お疲れ様:熱田孝高、田中教世、北居良樹 引退コメントまとめ
暫定ゼッケン発表|2017 全日本モトクロス選手権 IA ゼッケンリスト
モトゴシップ:平田優へのペナルティ発端にする処分最終裁定結果発表!
モトゴシップ|レディースライダー畑尾樹璃がホンダ「T.E.sports」移籍発表


You may also like...