AMAモトクロス参戦2年目|2017 全日本モトクロス IA2 チャンピオン渡辺裕介

sr141230banner

 

2017 全日本モトクロス選手権 IA2 チャンピオン渡辺裕介選手が、今季2年目のAMAモトクロスシリーズへの参戦を正式発表。参戦クラスは昨年同様の250MXクラス!

 

グレンヘレンでのローカルレース参戦時のライディング映像ビデオとヤマハからのプレスリリースをシェア。

 

渡辺祐介選手談
昨年は、ガチガチに緊張してなにもできなかった開幕戦から、AMA独特のレースフォーマットに少しずつ慣れ、予選突破を続け、決勝ではポイントに手が届くポジションでレースをしてきました。しかし、最後までポイントの獲得には至らず、チャンスを作ってくれたヤマハをはじめ、アドバイザーのダグ・デュバックさん、チームやファンの皆さま、そして自分自身の期待も裏切る結果だったと受け止めています。現在はシーズンの開幕を前にアメリカに拠点を移して準備を進めています。昨シーズンの経験があるため、昨年を超える成績を狙える手応えはありますが、それでも厳しい戦いになることは覚悟しています。経験を自信に変えていきながら、後半にはポイントを確実に獲得し、自分のためにも、これから世界を目指す日本の若手ライダーのためにも、AMAの中で認められるライダーを目指しますので、応援をよろしくお願いします
via: global.yamaha-motor.com

 

詳細本文 – バイク レース | ヤマハ発動機株式会社 企業情報

ヤマハからのリリース全文は上記リンク先でご確認いただけます。

 

 

AMAモトクロスフル参戦初年度となった昨シーズンは、残念ながらノーポイントでランキング55位に終わった渡辺選手。6メーカーのファクトリーチームや有力サポートチーム所属ライダーが多数参戦する、250MXクラス。全日本王者の渡辺選手といえども苦汁を飲んだシーズンでしたが、リリース内で注目したいのが所属チーム。250MXクラス参戦ヤマハ勢のセカンドチーム「CycleTrader/Rock River/Yamah」からのエントリー。

 

チームメイトには、2018 AMAアリーナクロス王者ジェイコブ・ヘインズと2019 AMAスーパークロス250SXイーストランキング6位ブランドン・ハートランフトという実力者2名。チーム体制だけでなく、チームメイトも大幅にランクアップしたことにより、渡辺選手へのフィードバック大幅向上も期待できそうです。

 

2019 AMAモトクロスシリーズは、5月18日にカリフォルニア州ハングタウンで開幕。ヤマハでは昨年に引き続き、AMAモトクロス参戦、渡辺裕介選手特設サイトを開設。こちらも是非ともチェックしましょう!

 

渡辺 祐介 AMA Motocross 参戦スペシャルサイト | ヤマハ発動機株式会社
2019 AMAモトクロスフル参戦|2018 全日本モトクロス IA2 チャンピオン古賀太基 プロモビデオ

via: global.yamaha-motor.com


You may also like...