試作車テストライド|クーパー・ウェブ&ロマン・フェーブル on 2018 YZ450F


 

 

8月30日の発売日が発表されたばかりの2018年モデル ヤマハ YZシリーズ。最も注目集めているのは、フルモデルチェンジを果たしたYZ450F。

 

新設計エンジン&フレームの他、セルスターター標準装備とスマートフォン対応専用パーワーチューナーアプリ連携にも期待が高まっている中、AMAからクーパー・ウェブとMXGPからはロマン・フェーブルのヤマハを代表するチャンピオン二人が正式発表前のニューマシンをテストライドするビデオがリリース。

 

撮影時のマシンは、初期段階プロトタイプ仕様車との表示有り。エンジョイ!

 

 

日本からの開発陣の姿や現地テストライダー、そしてクローズドされたコースでグラフィックなしのマシンを中心にディスカッションしている様子が極秘テスト感を表しています。

 

ウェブ&フェーブルのコメントで印象的なのはエンジン特性はもちろんのこと、新設計の車体の取り回しの良さを強調している点。エンジンパワーは定評あるYZ450Fを駆る両者、現行モデルでの車体のセッティングに苦労しているとの情報が伝えられていることも度々… ということもあり、コメントから2018年モデルYZ450Fの満足度の高さが伺えるところ。

 

 

ウェブに関しては2018年モデルYZ450Fを今季AMAモトクロスシーズン中に投入するのでは? とのモトゴシップもあったり…

 

2018年モデルYZ450Fに関する情報、興味深いものが続き〼

 

 

追記:国内発売発表|「セル付・スマホアプリ対応」2018年モデル ヤマハ YZ シリーズ
スマホアプリ対応&セル搭載|2018年モデル ヤマハ YZ450F プロモビデオまとめ
開発ストーリー公開|2018年モデル ヤマハ YZ450F


You may also like...