女性初MXGPライダー誕生|キアラ・フォンタネージMXGPデビュー戦を数字で見る


 

2017 FIMモトクロス世界選手権 第6戦 ヨーロッパGP(オランダ)での大きな話題を集めた女性初のMXGPライダー誕生のトピック。

 

MX2クラス参戦の女性初MXGPライダーとなった、V4 FIMウーメンズ世界選手権王者キアラ・フォンタネージ(ヤマハ)の予選日プラクティスから決勝レースまでのリザルトを以下にまとめました。果たして世界トップレベルとの差は?

 

 

キアラ・フォンタネージ – 第6戦 ヨーロッパGPリザルト(ベストラップとのラップタイム差)

  • Free Practice – 40位(11.380秒差)
  • Time Practice – 40位(12.449秒差)
  • Qualifying Race – 39位(14.139秒差)
  • Warm-up – 40位(17.193秒差)
  • Race 1 – 34位(18.067秒差)
  • Race 2 – 32位(14.631秒差)
  • 総合35(34-32)位(全40台)

 

決勝レースではリタイア車もあり、両レースともに完走者中最下位。会場のサンドコース、ファルケンスワードを得意と事前にコメントしていましたが、やはり荒れたサンドコースでのデビュー戦は厳しい結果に。ポイント獲得ボーダーラインの20位前後のライダーとはラップタイムで10秒以上の差がありました。

 

単純比較にはなりませんが、あくまで参考として昨年のスイスGPへスポット参戦した際の能塚智寛選手のリザルトです。

 

能塚智寛選手 – 2015 第15戦 スイスGPリザルト(ベストラップとのラップタイム差)

  • Free Practice – 35位(15.038秒差)
  • Time Practice – 34位(7.588秒差)
  • Qualifying Race – 21位(3.851秒差)
  • Warm-up – 34位(10.843秒差)
  • Race 1 – 23位(7.169秒差)
  • Race 2 – 21位(5.337秒差)
  • 総合23位

 

 

フォンタネージ、今回出場したイタリアベースのヤマハサポートチームから次戦ラトビアGP参戦の打診もあったそうですが、今後は本業のFIMウーメンズ世界選手権タイトル獲得に専念。

 

女性初としてチャレンジしたMXGP、結果は残念だったとしながらも収穫も大きかったようで、よいトレーニングにもなったとのことです。

 

 

フォンタネージのチャレンジ精神と決勝両レースを完走、戦い抜いた姿勢にリスペクトしかありません!

 

 

モトゴシップ|女性初MXGPライダー誕生!キアラ・フォンタネージMX2クラスへ参戦発表
レースビデオ&リザルト|2017 FIMモトクロス世界選手権 MXGP 第6戦 ヨーロッパGP(オランダ)

Yamaha Racing


You may also like...