レースビデオ&リザルト|2017 FIMモトクロス世界選手権 MXGP 第6戦 ヨーロッパGP(オランダ)


 

 

2017 FIMモトクロス世界選手権 MXGPシリーズ 第6戦 ヨーロッパGP(オランダ)のMXGPクラス、MX2クラスの決勝レースハイライトビデオ&リザルトをシェア。

 

ヨーロッパラウンド2戦目は歴史あるオランダのサンドコース、ファルケンスワードが舞台。地元オランダ、サンドコースを得意とするジェフリー・ハーリングス(KTM)等のサンドスペシャリストの活躍に注目。

 

エンジョイ!

 

 

【MXGP 総合結果】
1. Gautier Paulin (FRA), Husqvarna (1-2) – 約2年振り(同会場)の総合優勝! ハスクバーナ移籍後初優勝でもあります。

2. Jeffrey Herlings (NED), KTM (3-3) – 地元オランダのファルケンスワードで8年連続完全優勝の記録もかかっていましたが負傷の影響もあり優勝ならず。しかし負傷も回復の兆し、スピードも取り戻しつつありMXGPクラスステップアップ後、初表彰台。開幕からスタートミスが多いのが残念…

3. Jeremy Van Horebeek (BEL), Yamaha (2-5) – メキシコGPからウィルス性疾患の影響あり

4. Tony Cairoli (ITA), KTM (9-1) – レース1は出遅れでティアオフ使い切り、ゴーグル内に砂の入るアクシデントもあり追い上げも9位。視界がボヤけるダメージ残りながらもレース2では優勝。両レース勝てたレースとコメント。

5. Tim Gajser (SLO), Honda(6-4) – 比較的サンド苦手とされるガイザー、大きなミスもありリズムつかめず。その中でも確実にポイントを獲ることを目標としたとコメント。

 

【MXGP ポイントランキング 5 of 19】
1. Tim Gajser (SLO), Honda 234 points
2. Tony Cairoli (ITA), KTM 220
3. Gautier Paulin (FRA), Husqvarna 192
4. Jeremy Van Horebeek (BEL), Yamaha 182
5. Evgeny Bobryshev (RUS), Honda 176

 

 

 

【MX2 総合結果】
1. Pauls Jonass (LAT), KTM (1-1) – 好調引き続きで完全優勝。次戦は母国GPのラトビアです。

2. Jeremy Seewer (SUI), Suzuki (4-2) – レース2前のマシンセッティング変更が功を奏し快走。

3. Brent Van Doninck (BEL), Yamaha (5-3)

4. Thomas Kjer Olsen (DEN), Husqvarna (9-4) – プラド世代のルーキー、光るスピードだけでなく確実に上位フィニッシュを続けています。

5. Calvin Vlaanderen (NED), KTM (6-7)

 

 

【MX2 ポイントランキング 5 of 19】
1. Pauls Jonass (LAT), KTM 242 points
2. Jeremy Seewer (SUI), Suzuki 223
3. Julien Lieber (BEL), KTM 197
4. Thomas Kjer Olsen (DEN), Husqvarna 188
5. Benoit Paturel (FRA), Yamaha 173

 

女性初のMXGPライダーとしてMX2クラス参戦となったキアラ・フォンタネージ(ヤマハ)は、総合35(34-32)位(全40台)。

 

予選レースビデオ|2017 FIMモトクロス世界選手権 MXGP 第6戦 ヨーロッパGP(オランダ)
モトゴシップ|女性初MXGPライダー誕生!キアラ・フォンタネージMX2クラスへ参戦発表
モトゴシップ|MXGP参戦の能塚智寛、負傷続報!

image: Juan Pablo Acevedo


You may also like...