レースビデオ&リザルト|2021 AMAモトクロス 最終戦 ハングタウン

sr141230banner

 

2021 AMAモトクロス 第11戦 フォックスレースウェイ2「450MXクラス」、「250MXクラス」レースビデオ&リザルトをシェア。

 

全12戦のシリーズも遂に最終戦を迎えました。各ポジションでのランキング争いも最終決戦となり、熾烈なレースアクションが展開。前戦での450MXクラスでディラン・フェランディスが初450MXタイトルを確定済み。250MXクラスでは、ポイントリーダーのジェット・ローレンスとランキング2位のジャスティン・クーパーとのタイトル争いに大きな注目が集まりました。

 

 

会場はカリフォルニア州サクラメントのハングタウン。AMAモトクロスで最も歴史ある会場として知られるコース。開幕戦開催地として定番でしたが、コロナ禍での今季シリーズでは最終戦の地として2年ぶりの開催となりました。エンジョイ!

 

日本期待の下田丈選手、プロ転向後は初レースとなるハングタウンでタイムドプラクティス6番手と好調を維持。決勝での活躍に期待が高まります。エンジョイ!

 

 


 

 

 【450MX リザルト】
1.  Dylan Ferrandis 1 – 3 Yamaha
2.  Eli Tomac 4 – 1 Kawasaki
3.  Cooper Webb 3 – 2 KTM
4.  Christian Craig 5 – 4 Yamaha
5.  Brandon Hartranft 7 – 6 Suzuki
6.  Max Anstie 9 – 5 Suzuki
7.  Ryan Surratt 8 – 8 Husqvarna
8.  Justin Bogle 10 – 7 KTM
9.  Ken Roczen 2 – DNF Honda
10.  Robbie Wageman 12 – 9 Yamaha

 

450ルーキーながら前戦でタイトルを獲得しているフェランディスが今季6度目の総合優勝。最終戦を有終の美で飾りました。モト1はタイトルを争ってきたロクスンをパスし首位浮上後は独走勝利。モト2ではスタート直後のマルチクラッシュの影響を受け、最後尾付近からの追い上げレースに。プレッシャーから開放され持てる力を出し切るとコメントしたようにこのレースのベストラップを記録し最終的には3位まで浮上。この凄まじい追い上げにより総合優勝も手に入れる激走でした。全戦で表彰台登壇達成! 総合2位はカワサキでのラストレースとなったトマック。モト1でフェランディスやロクスンよりも1.5秒以上速いベストラップを記録した直後の転倒で手の親指にダメージを負う不運もありましたが、シリーズ終盤の好調をアピールするライディングでカワサキと長年ともに戦ったメカニックとも最後となるレースを勝利で飾りました。来季はスターレーシングヤマハへの移籍が濃厚視されています。総合3位には、フレーム仕様変更後、3戦連続表彰台登壇のウェブ。モト2でトマックに首位を明け渡しての2位フィニッシュでしたが、この2位が今季ベストリザルトにしてベストレースとコメント。

ランキング2位で最終戦を迎えていたロクスンでしたが、モト2スタート時のマルチクラッシュ時に足が他車に巻き込まれ、骨折を疑ったロクスンはピットイン。結果的には大きな怪我に至りませんでしたが、最終戦の最後のレースでランキング3位に落とす悔しいシリーズとなりました。

 

 

    【2021 450MX ポイントランキング】
1.  Dylan Ferrandis 531
2.  Eli Tomac 458
3.  Ken Roczen 446
4.  Cooper Webb 358
5.  Chase Sexton 342
6.  Christian Craig 292
7.  Marvin Musquin 240
8.  Joey Savatgy 240
9.  Justin Barcia 239
10.  Aaron Plessinger 232

 

チャンピオンは前戦でフェランディスが確定済み。注目のロクスンとそれを追うトマックとのランキング2位争いは、ロクスンの負傷リタイアであっけなく幕切れ。逆転でトマックがランキング2位浮上し、カワサキでの最後のシリーズを終えました。体調不良欠場中のセクストンを最終戦で逆転したウェブがランキング4位に浮上。

 

 

 【250MX リザルト】
1.  Justin Cooper 1 – 1 Yamaha
2.  下田 丈 4 – 2 Kawasaki
3.  R.J. Hampshire 2 – 6 Husqvarna
4.  Max Vohland 5 – 4 KTM
5.  Jett Lawrence 8 – 3 Honda
6.  Hunter Lawrence 3 – 9 Honda
7.  Dilan Schwartz 10 – 7 Suzuki
8.  Joshua Varize 7 – 11 Husqvarna
9.  Levi Kitchen 6 – 12 Yamaha
10.  Michael Mosiman 11 – 8 GasGas

 

ランキング2位で逆転タイトルに意地を見せたクーパーが、自身初のピンピン完全優勝で総合優勝。しかし、ワシューガルでの手の親指骨折もあり惜しくも再逆転タイトルならず。出来ることは全て出し切ったと語る通り、得意のスタートから逃げ切る勝ちパターンを両レースで披露。全12戦の全てで表彰台登壇達成する安定感も終盤戦の負傷が非常に残念な結果になりました。総合2位は、自己ベストタイの下田丈選手。出遅れたモト1、まずまずの位置からのレーススタートとなったモト2共に、追い上げの展開となった下田選手。モト2序盤の2位浮上後は首位クーパーから6〜7秒の差を詰めきれませんでしたが、見事な奮闘ぶり。チームメイトのフォークナーとのバトルに費やした時間が首位クーパーから離されてしまった理由でしょう。総合3位には、体調不良も強行出場のハンプシャー。好スタートからクーパーを追い続けたモト1、序盤の混戦で順位を落とし追い上げたモト2共に体調不良を感じさせない激走を披露。

見事初タイトル獲得したジェット・ローレンスは総合5位でチャンピオンに輝きました。両レースで転倒やミスがあり、ライディングそのものは最悪だったとコメント。レース直後の記者会見ではまだ実感が沸かないと語り、チャンピオンシップボーナスは不動産購入や投資にあてると堅実な一面も明らかに。ライブ中継時には転倒や不運もあり、ドラマを自ら演出した感ありましたが、結果的には終盤戦での連勝によるポイントリードが実際の数字以上に大きなアドバンテージとなっていた印象でした。レース勝利8勝はクラス最多。たらればですが、クーパーの負傷がなければ…また違った展開のタイトル決定戦だったでしょう。ホンダライダーによるAMAモトクロスタイトル獲得は、2013年のイーライ・トマック以来とのこと。

 

 

 【2021 250MX ポイントランキング】
1.  Jett Lawrence 497
2.  Justin Cooper 491
3.  Hunter Lawrence 381
4.  R.J. Hampshire 364
5.  下田 丈 340
6.  Jeremy Martin 307
7.  Austin Forkner 256
8.  Michael Mosiman 252
9.  Max Vohland 236
10.  Dilan Schwartz 209

 

両レースで転倒やミスもありましたが、ローレンスが初タイトル獲得! オーストラリア人として初のAMAモトクロス250クラスチャンピオン誕生でもありました。下田選手は負傷欠場のマーティンを抜き、ランキング5位で今季シリーズを終えました。

AMAモトクロス史において、アメリカ人以外が両クラスでタイトル獲得するのは史上初の出来事です。

 

レースビデオ&リザルト|2021 AMAモトクロス 第11戦 フォックスレースウェイ2
下田丈ギャラリー|2021 AMAモトクロス 第11戦 フォックスレースウェイ2
下田丈ドキュメンタリービデオ|2021 AMAモトクロス 第11戦 フォックスレースウェイ2
BGMなし・コースサイド映像作品|2021 AMAモトクロス 第11戦 フォックスレースウェイ2
海外メディア発ハイライトビデオ|2021 AMAモトクロス 第11戦 フォックスレースウェイ2

ALIGN MEDIA


You may also like...