モトゴシップ|2018モデル? ホンダCRF250Rプロトタイプ車実戦投入


 

2017 全日本モトクロス選手権 第3戦 中国大会 世羅グリーンパーク弘楽園 IA2 クラスで1年半ぶりとなる現役復帰戦を見事、完全優勝(1-1)で飾った勝谷武史選手(ホンダ)とマシンに大きな注目が集まっていました。

 

エントリーリスト上のマシンは「CRF250RW」表記でしたが、実際に会場に姿を現したマシンは噂のフルモデルチェンジを果たした、2018?モデルのCRF250R、プロトタイプ仕様車でした。とはいえ、そのクリーンなルックスはそのまま市販車と見てよさそうなほどの美しさ。

 

 

ホンダからのレポート記事、目視できる範囲と会場での憶測等をまとめると…

 

  • DOHCエンジン
  • 左右二本出しツインマフラー
  • キックなし、セルスターター
  • 450と同仕様フレームでは?
  • etc…

 

最大の話題は「DOHC」エンジン採用。マシンに関する正式な情報や2018年モデルCRF250Rの情報も現時点では公開されていませんが、勝谷選手の高回転域でのライディングのスピードと安定感は仕上がりの高さをうかがわせるものでした。以下に現地でマシン画像をいくつか。エンジョイ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場にも駆けつけていた海外メディア Transworld Motocross 誌も早速、特集記事を掲載。非常に興味深い内容となっています。

 

First Look: CRF250R via: Transworld Motocross(グーグル翻訳

 

勝谷選手と新型CRF250Rの今後は… 表彰台では今後の実戦テストの可能性は未定との旨の発言をしていた勝谷選手。一方、マシンは一足お先に北米で発表された第一弾ラインナップでは、250ccマシンの発表は見送られています。ということは…

 

250ccモトクロッサーはオフロードマシンセールス戦略においてグローバル規模で非常に重要となる主要のマシン。エンデューロ仕様車「RX」のラインナップも含めて今後の動向に更に注目でしょう。

 

 

決勝日リザルト速報|2017 全日本モトクロス選手権 第3戦 中国大会 グリーンパーク弘楽園
ヤバすぎるスキル|小方誠「首位浮上の瞬間」超絶8連ジャンプ @ 全日本モトクロス第3戦
えかきやたま「たまモト」|2017 全日本モトクロス選手権 第3戦 中国大会 グリーンパーク弘楽園
予選日速報|2017 全日本モトクロス選手権 第3戦 中国大会 グリーンパーク弘楽園
レース事前情報|2017 全日本モトクロス選手権 第3戦 中国大会 世羅グリーンパーク弘楽園
モトゴシップ|Team HRC 勝谷武史コーチ 約1年半ぶりとなる全日本モトクロス選手権参戦へ


You may also like...