たまモト|2017 全日本モトクロス選手権 第5戦 東北大会 藤沢スポーツランド


 

 

えかきやたまさんによる全日本モトクロス選手権 予選日の注目・活躍したライダー達のレース会場からのコメントをお届けする「たまモト」。2017年シーズンもたまさんだからこそ引き出せる予選レース直後のライダー達のリアルなコメント&情報満載です。エンジョイ!

 

 

花柄のショートパンツがかわいい成田選手。ちょっと照れ笑い?

 

■ IA1予選1位成田亮選手

たま:予選の感想を。
成田:(横に座っている山本選手に目線をやりながら)山本さん速いです!(笑)
たま:でも成田さん最後は1番でフィニッシュされたじゃないですか
成田:いやいや。(山本選手が)うまーくミスってくれたんで。
たま:では明日藤沢に観戦に来られる方々に何か一言。
成田:応援してください!!(笑顔)

 

 

レース後のおやつのナッツ。「身体にいいんですよ!」と鯨くん。そういうのは自分で調べるの?と聞くと「調べます」とのこと。

 

■ IA1予選2位山本鯨選手

たま:今日の予選の感想をお願いします。
山本:まあまあ走り的に悪くなかったですね。
たま:ホールショットは山本選手ですか?
山本:どこをホールショットというかですね(笑)
たま:じゃあ、1コーナーを早く曲がったのは?(笑)
山本:1コーナーに入るのは僕が速かったし、出るのは雅己君が速かったですね。
たま:戻って来られたときには、成田さん、鯨君、雅己君でしたよね。
山本:そうですね。
たま:最終周では鯨君が前で成田さんが2番手だったのにフィニッシュでは成田さんが前でした。あれはどこで抜かれたんですか?
山本:抜かれたというかミスったんですよ。
たま:え?どこで?
山本:上で。ドラゴンストマック終わった後の…
たま:森の中の…
山本:そう。ハイ、サイ、ドー!!ってしそうになって(苦笑)
たま:怪我がなくてよかったです。では明日の抱負を。
山本:すごくいい感じで予選を終えられて、結果的には2番だったんですけど明日は
集中して自分がやれる事をやって明日は勝ちたいですね。

 

 

ゴールドゼッケンということでTシャツのロゴもゴールドなまこちん。笑

 

■ IA1予選3位小方誠選手

たま:予選はいかがでしたか?
小方:スタートちょっと出遅れちゃったんですけど、追い上げてって…途中,雅己も速かったんですけどなんとか抜けて、前の2人とは離れちゃってて10分では追いつかなかったんですけど少しずつは距離を詰められたので明日はちょっとがんばって…

【ここで田中雅己選手乱入/30分あるでぇ?(笑)】
そうですね30分あるんで(笑)抜きたいと思います。

 

コメントを頂いてたら通りすがり(?)の田中雅己くんが日傘を差しかけてくれました。

 

たま:スタートは出れそうですか?
小方:そうですね。今日、イメージトレーニングをして雅己に技を教えてもらって…
田中:無理です!
たま:同じクラスになったからもう教えられない?(笑)
(HRCチームメイト時代、なかなかスタートが出られなかった小方選手は田中選手にス
タートを教えてもらって出られるようになったというエピソードがあります)
田中:そうですね(笑)
小方:あはは…
たま:では、小方選手,明日は一番を?
小方:そうですね、雅己君にも負けないように(笑)30分あるんで(笑)
たま:そういえばゴールドゼッケンの付け心地は?
小方:なんだかすごく僕のバイクと合っててかっこいいなーって思います。
たま:てことは明日がんばって死守しないとですね?
小方:そうですね!明日も暑いと思うんですがトップをとれるようにがんばります!!

 

日傘を差しかけがてらに茶々入れまでしてくれた雅己くんを指して笑う小方まこちん。元チームメイトで仲良しです。

 

 

おやつのトウモロコシをがぶり!

 

■ IA2予選A組1位古賀太基

たま:土曜日恒例…古賀君はすっかり常連になられましたけど。
古賀:そうですね(笑)今日の予選はスタートも出だしはよかったんで。全体的な感触もいい感じではないかなと思います。明日もたぶん気温が上がると思うので辛いレースになるとは思うんですけど、スタートからきっちり出て最後まで粘り強い走りができればなあ…と思っています。
たま:藤沢は好きなコースですか?
古賀:そうですね。ハイスピードなコースでわりと好きですね。
たま:自分向き?
古賀:ですね。ちょっとアメリカに近いというか。
たま:では明日もがんばって!
古賀:ありがとうございます!

 

 

 

■ IA2予選A組2位岡野聖

たま:すっかり常連の岡野さんです(笑)
岡野:そうですね(笑)序盤トップで走れてて、そこそこ体も動いてたんでいい感じで走れてましたね。でも、最終的には抜かれました。
たま:何かミスったとかではなくて?
岡野:いや、ただたんに太基の方が速かっただけです。3番くらいで1コーナーに入って立ち上がりで2番で…戻ってきて4番ポストのところで1位になって…始めは良かったんですけどね。その後がちょっと上手く走れなかったですね。
たま:藤沢、得意そうなイメージがあったんですが…
岡野:得意そうですか?いい結果を残した事はないんですけどね(笑)。
たま:かっこいい走りに惑わされて結果を残しているように見えるけど実はそうでもないっていう?
岡野:そうっすね(笑)僕的にはいい印象はないっていう。暑いか雨じゃないですか?だからあんまりいいイメージがないんです。
たま:走りやすいわけではない?
岡野:うーん、そうですね。柔らかい土なんでコントロールしやすいっていうかけっこう雑に開けてもいいコースっちゃそうなんで、そのへん乗ってて楽しいんですけど。それと速いかはまた別の話らしいです(笑)みんなたぶん気持ちよく乗っているとは思うんで。もっと速い行き方もあるかもしれないんですけどね。
たま:そうでしたかー。勉強になりました。では明日への抱負を。
岡野:意外と抜きどころとかがないと思うんでなるべくスタート出てそのままトップでゴールしたいですね。暑いと思いますけど最後まで粘って走り切ります!

 

暑くてもさわやか笑顔の岡野くん。

 

 

 

■ IA2予選B組1位渡辺祐介

たま:予選の感想は?
渡辺:スタートは笠原君が出てて。速かったですよね。
たま:ゼッケンの見た目が似ていたので「あれ?」ってなりました(笑)
渡辺:速かったですよね?速かったです、速かったです。それで2周くらい後についてラインをもらうとこはもらって走ってて。笠原君を抜いて前に出て3周くらいした時に僕、転んでるんですよ。
たま:え?!!
渡辺:裏で前回ってるんですよ。
たま:大丈夫でしたか?!!
渡辺:大丈夫です(笑)
たま:じゃあけっこう復帰するまでに時間がかかったんじゃないんですか?
渡辺:裏に入って下りのヘアピンの所で前回ってて、ちょっと時間かかったんですけど意外と後ろが離れてたんで順位を落とさすにすみました。
たま:ここもやっぱり走り慣れてるんですよね?
渡辺:そうですね。難しいんですけどね。
たま:どのへんが?
渡辺:やっぱりサンドなんですごくスピードも出るし。スピード出るコースは好きなんですけど、その分テクニカルになるんで難しいです。菅生もですけど。
たま:渡辺君的に「ここは難しいポイントなんだよ」っていうのはどこですか?
渡辺:ドラゴンの所の下り…7番ポストですかね。下りからの上り…コーナーも含めて難しいです。
たま:イン側?アウト側?
渡辺:僕ですか?比較的アウト側ですかね。アウト側を(アクセル)開けて回る派なんで。
たま:スタイルとしてね?
渡辺:そうですスタイルとして。
たま:じゃあそこが見所ですね?ライダーによって走り方が…
渡辺:違いますね。
たま:では明日は?
渡辺:明日はもちろん…そうですね、今回は勝谷さんも出てるんで。しっかりバトルし
て勝ちたいですね。
たま:おじさんをビートして?(笑)
渡辺:いやいやいやいや…勘弁してください(苦笑)

 

このコーナーすっかり常連のナベスケこと渡辺くん。ポーズもこなれてきました。

 

 

こちらもおやつのトウモロコシをがぶり!拓夢くん、自分のキャラをしっかり把握してますね。笑

 

■ IA2予選B組2位横澤拓夢

たま:予選はどうでした?
横澤:うーん、上手く走れませんでした。
たま:ひょっとしてスタート失敗しちゃいました?
横澤:いや、出たことは出たんですけど。イン側にけっこう大きなギャップがあって「危ないな」と思ってちょっと緩めたら抜かれちゃって「あーー!!」みたいな。(苦笑)でも、次が上手く行ったんで前にはすっと上がってこれましたね。
たま:藤沢は得意なコース?
横澤:得意というか、地元ですからね。走り慣れてはいますね。…ただね、地元っちゃ地元なんですけど実は岩手県ってすごく広くてですね、実家から藤沢まで1時間半かかるんですよね。
たま:え?!!そうなんですか?県の端と端みたいなカンジ?
横澤:いや、実家は岩手の真ん中あたりなんです。で、藤沢が下の端で。それでも1時間半かかるんですよ。
たま:へぇぇ!!
横澤:日本で一番大きいんですよ岩手県って。
たま:勉強になります!
横澤:だいたい四国と同じ面積なんです。
たま:知らなかった!
横澤:まじですか?それくらい広い国なんで…あちがう、広い県なんで。だから、地元は地元なんですけど遠いんですよっていう(笑)そういうネタです。
たま:では明日への意気込みを
横澤:地元なんで応援してくれる人がいっぱいいて、それが嬉しいんで。暑いですけど負けじと熱い走りでがんばろうと思います!

 

 

昨年の0番ゼッケン。今年は51番をつけて走っている笠原氷河くん。礼儀正しいさわやかイケメンくんです。

 

■ IA2予選B組3位笠原氷河

たま:ついにこのコーナーに登場です(笑)
笠原:ホントですか?いいんですか?
たま:笠原くんが3位でフィニッシュした時「これでやっと話を聞きに行ける!」って思いました。
笠原:わあ、ありがとうございます。
たま:では予選の感想を。
笠原:ホールショットで出た時びっくりして、その後(渡辺)祐介さんが来てるのも後ろを見た時にわかって、気にしないように走ろうと思ってたんですけどやっぱり気にして硬くなって、2周目くらいに腕上がりしてしまって、自分のミスで祐介さんに抜かれた後に単独転倒してしまいまして。
たま:あら!どちらで?
笠原:えーと…10番ポストの後くらいですかね
たま:最終コーナーの前あたり?
笠原:最終の手前の手前ですかね。そこで転んで、その後横澤君にも抜かれてしまいました。そこからは予選だしとにかく通ることに集中しようと、焦らずに乗ることを意識して走りきりました。
たま:今年、徐々に上がってきてますよね。
笠原:そうなんですかね。わからないですけども。藤沢は菅生終わってから毎週走り込んできていて練習のときも調子は悪くなかったので、明日もいいところ行きたいですね。
たま:去年はゼロ番ゼッケンでしたからA級2年目ですよね
笠原:そうです。
たま:じゃあ、これから伸びシロはばっちり?
笠原:いやあ…(笑)自分では何とも言えないですけど。しっかりがんばりたいと思い
ます。

 

 

予選速報|2017 全日本モトクロス選手権 第5戦 東北大会 藤沢スポーツランド
モトゴシップ|日本代表チーム「不参加」2017 モトクロス・オブ・ネイションズ
事前情報|2017 全日本モトクロス選手権 第5戦 東北大会 藤沢スポーツランド


You may also like...