モトゴシップ|クリスチャン・クレイグが再びホンダファクトリーから450SX参戦


 

 

2017 AMAスーパークロス 最終戦 ラスベガス、ホンダファクトリー Team Honda HRC 所属のコール・シーリーが再び欠場、第15戦 ソルトレイクシティSX同様に250SXウエストライダーのガイコホンダ所属のクリスチャン・クレイグを代役起用を発表。

 

第15戦 ソルトレイクシティSXにもホンダファクトリーからスポット参戦したクレイグのリザルトは11位。乾燥したハードパック路面が特徴のラスベガスSXなので、スムースなライディングで硬質路面を得意とするクレイグの二度目の代役スポット参戦での活躍が期待されます!

 

 

ホンダからのリリースによるとシーリーの欠場は5月20日開幕のAMAモトクロスシリーズ開幕に向けて大事を取っての療養という意味もあるとのこと。シリーズ前半戦の表彰台登壇等含む好調から残念なシリーズ終了の形に。

 

シーリーは最終戦を前にランキング5位につけますが、残念ながら最終戦欠場によりランキング7位に下降濃厚です…

 

AMAモトクロスシリーズから負傷療養中のケン・ロクスンの代役としてホンダファクトリーから450クラス参戦が既に発表されていたクレイグ。残念ながらAMAスーパークロス250SXイーストではタイトル獲得の可能性は消滅。AMAモトクロスに向けて450クラスで再び実戦経験をつめることはクレイグ、ホンダファクトリー双方にメリットとなることでしょう。

 

 

モトゴシップ|クリスチャン・クレイグが負傷ケン・ロクスン代役ホンダファクトリー入り
モトゴシップ|クリスチャン・クレイグがホンダファクトリーからソルトレイクシティSX 450クラスに参戦

Honda Racing Corporation


You may also like...