ヤバすぎるスキル|アントニオ・カイローリ激烈パッシングシーン「3連発」


 

 

 

2017 FIMモトクロス世界選手権 MXGPシリーズ 第5戦 トレンティーノGP(イタリア)、自国開催のGPで開幕戦カタール以来となる今季2度目の総合優勝を果たしたアントニオ・カイローリ(KTM)。

 

スタート直後のミスにより最後尾集団からの追い上げとなり総合優勝は絶望的と見られていた中、ミラクル追い上げ劇により2位まで浮上し見事、総合優勝獲得。

 

その決め手となったカイローリ得意のパッシングポイントでの激烈パッシングシーンをシェア。エンジョイ!

 

@ M X G P

 

世界最高峰GPライダー達相手に「迷いゼロ」のアグレッシブなパッシング!

 

パッシング難易度の高くなる「90度コーナー」で「ここしかない! 」というイン側ラインに飛び込んでいくカイローリ。ポーラン(ハスクバーナ)に鋭い飛び込み、デサール(カワサキ)にはアウトから差し返そうとするのをうまく牽制して抑え込みに成功。チームメイトのハーリングス(KTM)相手にも容赦なしのアグレッシブさ。どのパッシングもギリッギリの見応えあるものばかり。

 

ライブ中継でレース観戦していましたが、パッシングポイントの少ないコースでの後方からの追い上げということもあり、チャンスを逃さない「積極的な仕掛け」とそれを可能としていた「ライン取りの自由度の高さ」が印象的な追い上げ劇でした。

 

 

レースビデオ&リザルト|2017 FIMモトクロス世界選手権 MXGP 第5戦 トレンティーノGP(イタリア)


You may also like...