全日本MX仕様公開|スズキのフルモデルチェンジ「RM-Z 450 WS」ファクトリーマシン


 

スズキ公式サイトにFIMモトクロス世界選手権 MXGPシリーズで一足お先にデビューとなった、フルモデルチェンジのファクトリーマシン「RM-Z 450 WS」全日本モトクロス選手権仕様マシンが公開されています。

 

■エンジン形式:
水冷4ストローク 単気筒
■排気量:
449cm3
■最大出力:
not announced
■バルブ形式:
DOHC 4-バルブ
■燃料供給:
スズキ燃料噴射
■点火システム:
NGK / マーレージャパン
■データ計測システム:
GET
■潤滑システム:
セミドライサンプ
■クラッチ:
湿式多板 Hinson / スズキ
■トランスミッション:
not announced
■排気システム:
Akrapovic
■エアクリーナフィルター:
Twin Air
■駆動形式:
Chain DID
■フレーム形式:
アルミツインスパー
■フロントサスペンション:
KYB(#44) / SHOWA(#7)
■リアサスペンション:
KYB(#44) / SHOWA(#7)
■タイヤ:
Bridgestone
■フロントホイール:
21 inch
■リアホイール:
19 inch
■リム:
D.I.D
■フロントブレーキ:
NISSIN
■リアブレーキ:
NISSIN
■スプロケット・ハンドル・グリップ:
RENTHAL
■ドライブチェーン :
DID
■全長:
not announced
■全幅:
not announced
■全高:
not announced
■ホイールベース:
not announced
■車両重量:
not announced
■燃料タンク容量:
not announced
■潤滑オイル:
MOTUL

出典: http://www1.suzuki.co.jp/motor/sports/race/ajmx.php

 

2016年 全日本モトクロス選手権シーズン中にもこのフルモデルチェンジの「RM-Z 450 WS」の存在は噂され、プロトタイプとしてシリーズ中にデビューするのでは? というゴシップもありましたが、2017年シーズン開幕前に全日本モトクロス選手権仕様車も公開。

 

モトゴシップ|2018モデル? フルモデルチェンジ「スズキ RM-Z450WS」発表

外見上、GP仕様と大きな変更点は見当たらないようで、久々に採用されたブルーのグラフィックは統一。このまま2018モデルとして市販化されるイメージが膨らみます。

 

チャンピオン奪還を狙う小島選手と初ファクトリーチーム契約の深谷選手の活躍も期待されます。

 

 

スズキ国内二輪 スズキレーシングレポート
モトゴシップ|2018モデル? フルモデルチェンジ「スズキ RM-Z450WS」発表
MXGP参戦チーム紹介ビデオ|2017 スズキファクトリーチーム
モトゴシップ|2017 全日本モトクロス選手権参戦スズキファクトリー体制発表
【モトゴシップ】2017年 全日本モトクロス選手権 チーム体制まとめ

 


You may also like...