MXGPベストバトル|「母国GP」ジェレミー・スィーバー大奮闘@ 2017 スイスGP


 

 

2017 FIMモトクロス世界選手権 MXGP 第15戦 スイスGP、MX2クラスで現在ランキング2位のスズキファクトリー所属ジェレミー・スィーバー。母国GPとなるスイスGPでの観衆からの大声援を背に激走を見せたスィーバーの活躍ハイライトビデオがMXGP公式よりリリース。

 

レース1は母国GPでの歓喜の勝利、レース2ではスタート直後の転倒により最後尾からの追い上げとなり、明暗分かれる展開となりますが、追い上げ時の鬼気迫る迫力は映像からもビシビシ伝わってくるほど。

 

見応えある映像&ドラマチックな好編集にも大注目です。エンジョイ!

 

 

ビデオからも充分に伝わってくる地元スイスの大観衆からのスィーバーへの大声援に鳥肌もの!

 

レース2での地元パワー全開の追い上げ劇で5位まで浮上。総合2位でスイスGPを終えています。レース後のコメントでは母国GPでの総合優勝逃したことに悔しさをにじませますが、次戦スウェーデンGPへ気持ちを切り替えています。

 

 

【MX2 総合結果】
1. Benoit Paturel (FRA), Yamaha (2-1)
2. Jeremy Seewer (SUI), Suzuki (1-5)
3. Pauls Jonass (LAT), KTM (3-3)
4. Thomas Covington (USA), Husqvarna (7-2)
5. Jorge Prado (SPA), KTM (4-4)

27. 古賀太基 (日本), Honda (28-26)

 

 

【MX2 ポイントランキング 15 of 19】
1. Pauls Jonas, 629 points – ポイントリード49点差
2. Jeremy Seewer, 580 – そろそろ勝利量産体制入らないとジョナスを逃がす流れ
3. Benoit Paturel, 476
4. Thomas Kjer Olsen, 467
5. Julien Lieber, 428

 

シリーズ残り4戦、逆転タイトル獲得にはジョナスにトラブル等がないと厳しい状況ではありますが、若手中心のMX2クラスは最後まで何が起こるか分かりません。

 

ミスや不運が多く目につく今シーズンですが、スィーバーのアグレッシブなレーススタイルをシリーズ終盤これまで以上に注目していきましょう。

 

レースビデオ&リザルト|2017 FIMモトクロス世界選手権 MXGP 第15戦 スイスGP

Suzuki Racing


You may also like...