フルレースビデオ&リザルト|2017 AMAモトクロス 第9戦 ワシューガル 450MX


 

 

2017 AMAモトクロス 第9戦 ワシューガルのハイライトビデオ&リザルトをシェア。

 

アメリカ北西部ワシントン州の山間地にあるコースは滑りやすい硬質路面が特徴で、スロットルコントロールに長けたライダーの活躍が過去多く見られてきました。天候が崩れることも多いラウンドでしたが今年は好天の下、ベストコンディションでのレースが行われました。

 

トップライダーに負傷欠場が相次ぐ中、唯一の日本人ライダーとなる富田俊樹選手のリザルトは? エンジョイ!

 

450MX Moto 1

 

 

450MX Moto 2

 

 


 

 

【450MX リザルト】
1. Marvin Musquin, KTM (1-1) – 得意と公言する好相性のワシューガルで前戦に引き続きピンピン完全優勝。今季3度目の総合優勝。モト1はホールショットから一時トマックとのバトルにもなりますが中盤以降は独走。モト2では4周目にトップ浮上から独走という完璧なレース展開を両レースで披露。次戦ユナディラでも総合優勝狙うとコメント。

2. Eli Tomac, KAW (2-2) – 両レースともにまずまずのスタートも今日はムスキャンに完敗とコメント。プラクティスからモト1、モト2全て最速ラップ記録。2週間のインターバル前にポイントリード拡大出来たことに満足とのコメントも。

3. Martin Davalos, HQV (4-3) – 今季AMAモトクロスから450初参戦も前戦キャリア最上位4位の勢いそのままに450キャリア初表彰台登壇達成!一発屋のイメージ強いライダーですが、モト2でのホールショットもあり、しっかり両レースで上位フィニッシュ揃えてきました。レース後のコメントで歓喜の言葉と共に自信もあったし、コースにも上手く対応出来たとのこと。残り3戦での更なる活躍、注目していきましょう。

4. Cole Seely, HON (3-5) – 450アウトドアキャリア最上位(3位)、今季最上位。新たに取組中のトレーニングの成果とコメント。

5. Blake Baggett, KTM (7-4) – バゲットらしさなく精彩欠いた一戦に。負傷中の手の親指、ハードパックで知られるワシューガルでは厳しかったそうです。次戦までのインターバルで回復に努め、残り3戦の得意のコースでのタイトル争いに備えるとのコメント。

6. Dean Wilson, HQV (5-6)
7. Weston Peick, SUZ (6-8)

8. Christian Craig, HON (9-9) – モト2でウィルソンと接触転倒も、6レース連続トップ10フィニッシュ。

9. Justin Bogle, SUZ (8-10) – 肩負傷中。

10. Dakota Alix, KTM (12-12) – 450MXルーキー。初のトップ10

19. 富田俊樹, HON (21-17) – タイムドプラクティス18番手から決勝新出。モト2で4ポイント獲得。

 

 

【450MX ポイントランキング 9/12】
1. Eli Tomac (373) – バゲットとの差を20点から32点へ拡大!
2. Blake Baggett (341) – 親指の回復次第
3. Marvin Musquin (319) – 絶好調中バゲットとの差詰めてきましたが、自力タイトル獲得は絶望的状況変わらず。トマックの自滅待ち。
4. Dean Wilson (269)
5. Cole Seely (228)
6. Jason Anderson (216) – 負傷欠場
7. Justin Bogle (212)
8. Martin Davalos (208) – 450初表彰台でランキング5位を視野へ
9. Weston Peick (197)
10. Cooper Webb (177) – 負傷欠場

25. 富田俊樹 (24) – ランキング順位に変動なし

 

 

フルレースビデオ&リザルト|2017 AMAモトクロス 第9戦 ワシューガル 250MX
ハイライトビデオ|2017 AMAモトクロス 第9戦 ワシューガル
プレスデイビデオ|2017 AMAモトクロス 第9戦 ワシューガル
モトゴシップ|トレイ・カナード引退
モトゴシップ|AMA クーパー・ウェブ負傷欠場
モトゴシップ|AMA アレックス・マーティン負傷欠場
事前情報|2017 AMAモトクロス 第9戦 ワシューガル
tt317.net
唯一の日本人AMAライダー|富田俊樹ビデオ『RE-START』

Simon Cudby


You may also like...