フルレースビデオ&リザルト|2017 AMAモトクロス 第8戦 スプリングクリーク(ミルビル) 450MX


 

 

2017 AMAモトクロス 第7戦 サウスウィックの250MXクラス 決勝モト1、モト2フルビデオ&リザルトをシェア。

 

250MXクラス参戦中のアレックス・マーティン(KTM)、ジェレミー・マーティン(ホンダ)のご両親が運営する、スプリングクリーク(ミルビル)が第8戦の舞台。

 

名物のサンドフープス、急激なアップダウンが特徴のコース。レース前日の降雨の影響により、マディから徐々にコンディションが回復していく中、ベストラインが定まりにくく順位の変動多いレースに。唯一の日本人ライダー、富田俊樹選手のリザルトは? エンジョイ!

 

450MX Moto 1

 

450MX Moto 2

 

 


 

 

【450MX リザルト】
1. Marvin Musquin, KTM (1-1) – 第2戦グレンヘレン以来となる2度目の総合優勝をピンピン完全優勝で果たす。話題の多い荒れた難しいコンディションでムスキャン持ち味のテクニカルなライディングが光りました。刻々とベストラインが変わる難しいコンディションながらコース幅いっぱいに柔軟にラインを選択していく冷静さとバランス感覚は圧倒的なタイム差にも表れました。痛めていたヒザの調子もよく、マシンセッティングも好調とのことでシリーズ終盤戦に向けてムスキャンの巻き返し期待できるかもしれません。

2. Dean Wilson, HQV (3-3) – 前戦サウスウィックに引き続き、450キャリア最上位更新の2戦連続表彰台登壇。荒れたコンディションやサンドフープスでウィルソン持ち味のしなやかなライディングが武器に。残りのレースに更に集中していくとのこと。

3. Eli Tomac, KAW (2-5) – 総合4連勝ならず。モト2での大クラッシュは危険なものでしたがハンドル周りにダメージ残りながらも本人にダメージなし。追い上げ中に再クラッシュありましたが、しぶとく5位でフィニッシュし総合表彰台登壇。転倒者やトラブル多い一戦でしたが250MXポイントリーダーのオズボーン同様にダメージコントロールになんとか成功。

4. Blake Baggett, KTM (6-2) – 親指の負傷抱えながらのレース。モト2で一時、ムスキャンとの差を詰める場面もありましたが、今回のハイライトはそこまで。

5. Cooper Webb, YAM (4-9) – 上位での存在感出てきました。モト1ではあと一歩で表彰台のレース。

6. Justin Barcia, SUZ (5-8) – 表彰台圏内走行もマシントラブル? 順位を下げる展開。250MXマケラス同様にこのレース直前のインターバルで婚約。お相手はMXGPモンスターエナジーガール。

7. Martin Davalos, HQV (11-4) – 今シリーズ初450参戦のダバロスが持ち前の一発を発揮し、最上位更新。

8. Cole Seely, HON (8-6)
9. Christian Craig, HON (7-7)
10. Fredrik Noren, HON (13-10)

21. 富田俊樹, HON (21-18) – モト2で3ポイント獲得。

 

 

【450MX ポイントランキング 8/12】
1. Eli Tomac (329) – ポイントリード20点へ
2. Blake Baggett (309)
3. Marvin Musquin (269) – トマックまで60点…
4. Dean Wilson (238) – ランキング4位浮上
5. Jason Anderson (216) – 復帰もレース直前自転車トレーニング中の手の負傷でDNF、DNS。
6. Cole Seely (192)
7. Justin Bogle (188)
8. Cooper Webb (177)
9. Justin Barcia (172)
10. Martin Davalos (170)

25. 富田俊樹 (20)

 

 

フルレースビデオ&リザルト|2017 AMAモトクロス 第8戦 スプリングクリーク(ミルビル) 250MX
モトゴシップ|オースティン・フォークナー AMAモトクロス R8 ミルビル欠場へ
モトゴシップ|ジョシュ・グラント「膝負傷」AMAモトクロス戦線離脱
モトゴシップ|RCHスズキ負傷欠場ブロック・ティックル代役にマット・ビシェリア起用

Garth Milan/Red Bull Content Pool


You may also like...