フルレースビデオ&リザルト|2017 AMAモトクロス 第6戦 レッドバッド 250MX


 

 

2017 AMAモトクロス 第6戦 レッドバッドの250MXクラス 決勝モト1、モト2フルビデオ&リザルトをシェア。

 

例年、アメリカ独立記念日前後の週末に開催され、AMAモトクロスシリーズで最も熱狂的なファンが集う大会として定着しているレッドバッド。レッドバッド名物特大ジャンプ「ラロッコズ・リープ」誕生25周年ということも話題の2017年大会。

 

シリーズ前半戦を締めくくるに相応しい好レースが繰り広げられたレッドバッド。エンジョイ!

 

250MX Moto 1

 

 

 

250MX Moto 2

 

 


 

 

【250MX リザルト】
1. Zach Osborne, HQV (2-1) – 強し!今季好調を維持。モト2はアレックス・マーティン転倒によるトップ浮上ですが、オープニングラップ8番手から混戦を追い上げてきた安定感&勝負強さがポイントランキングにもそのまま反映されていると見るべきでしょう。前走者パッシング時の仕掛けへのコミット力は現在のAMAでナンバー1レベル。ライバル達には大きな脅威でしょう。

2. Alex Martin, KTM (3-3) – 今季総合初優勝、レース2勝目手中にしかけましたが転倒自滅… しかし、持ち味のしぶとい走りは健在。総合優勝も時間の問題でしょう。マシントラブルや取りこぼしが目立つ今季250MXクラスにおいてマーティンの安定感は大きな武器になるはずです。モト2ベストラップ記録。

3. Jeremy Martin, HON (1-8) – モト1でオズボーンを退けた勝利の勢いに乗りモト2でもホールショット獲得しますが直後転倒… 掴みかけた流れを自らのミスやマシントラブルで逃してしまうことが多かったシリーズ前半戦。タイトル争い上でもそろそろ勝ち星を重ねていかないとオズボーンを更に勢いづかせてしまうでしょう。V2時代の圧倒的なスピード復活期待!モト1ベストラップ記録。

4. Mitchell Harrison, YAM (7-2) – フル参戦2年目、今季好調スターレーシング期待の若手が地元レッドバッドで表彰台へ。オズボーンにパスされても最後までくらいついた勝利への貪欲な姿が印象的でした。モト2の2位をきっかけにブレイクするか? 注目です。

5. Dylan Ferrandis, YAM (5-4)
6. Aaron Plessinger, YAM (6-11)

7. Austin Forkner, KAW (4-14) – 両レースで好スタートもモト1はリズムに乗れず、モト2ではホールショットのジェレミー・マーティンのクラッシュに巻き込まれる不運。しかしシリーズ序盤の足首の負傷を抱えながらのレースからは復調傾向。シリーズ後半戦に本来のスピードに期待!

8. Shane McElrath, KTM (9-9)

9. Chase Sexton, HON (12-7) – ガイコホンダのルーキー、プロデビューから3戦目でトップ10入り。フォークナーのライバルとしてアマチュア時代から注目されていた逸材。度重なる負傷でプロデビューが延期されてきましたが今後の更なる活躍注目しましょう。

10. Joey Savatgy, KAW (11-10) – 昨シーズン同様、シリーズ中盤で一気に失速… タイトル争いは絶望的に。

 

 

【250MX ポイントランキング 6/12】
1. Zach Osborne (254) – シリーズ前半戦終了時点で38点差。今季好調オズボーン、数字以上に大きな差をライバル達に印象付けているかもしれません。
2. Alex Martin (216)
3. Jeremy Martin (209)
4. Aaron Plessinger (190)
5. Austin Forkner (184)
6. Adam Cianciarulo (168)
7. Joey Savatgy (165)
8. Dylan Ferrandis (152)
9. Mitchell Harrison (147)
10. Colt Nichols (144)

 

 

フルレースビデオ&リザルト|2017 AMAモトクロス 第6戦 レッドバッド 450MX
ハイライトビデオ|2017 AMAモトクロス 第6戦 レッドバッド
誕生から25周年|レッドバッド名物特大ジャンプ「新ラロッコズ・リープ」お披露目!

Garth Milan/Red Bull Content Pool

 


You may also like...