たまモト特別編|「ナイトロ・サーカス」10周年記念日本公演 (vol.1)


 

 

前回のツアー(2015年2月)から2年ぶり、モトクロス界のスーパースター、トラビスパストラーナ率いるナイトロ・サーカスが10周年ワールドツアー日本公演として2月19日〜20日東京ドーム、2月25〜26日京セラ大阪ドームにて開催されました。ナイトロサーカスの目玉ともいえるFMXには東野貴行、鈴木大助、渡辺元樹という世界を股にかけて活躍する日本人ライダーが出場。ナイトロレギュラーメンバーに遜色のない活躍で日本のファンを熱狂させてくれました。FMXファンの皆さんの為、また今回のツアーで初めて彼らを知ってファンになってくだすった方の為、この3人の日本人ライダーと今回まさかのナイトロデビューを果たしたシンデレラボーイにお話を伺ってきました。

 

まずはダイスこと鈴木大助選手。日曜日のリハーサル前、ホテルのロビーにてお話を伺いました。

 

ナイトロ名物ラッピングカーの前でダイススマイル!

 

  • 鈴木”daice”大助

「ナイトロサーカスって小さい頃に誰でもが滑っていた滑り台のおっきい版をやり続けてたら仕事になっちゃったって人達の集団なんですよ(笑)」

 

たま:土曜日の夕方に会場入りされたと伺いましたが。

ダイス:俺、ホントは土曜日の夜入りしようと思ってたんですけど「カラテの練習があるから5時までに来てくれ」って言われて4時くらいに着きました。

たま:カラテ?!

ダイス:チームジャパン対チームUSAっていうコーナーがあって、そこでみんなで道着を着てカラテの型をやるんですよ(笑)でも、土曜日はそのカラテの練習だけしかなくて会場にバイクも入れられなかったんですよ。バイクの扱いに関してはいろいろ厳しくて当日(日曜日)の朝10時からしか入れられなかったんです。練習の2時間前ですよね。

たま:それは厳しいですね。海外ライダーのバイクの扱いも同じなんですか?

ダイス:ツアーメンバーはバイク含めて全部が2セットあって、それがコンテナで順次ツアー先を回ってるんですね。パーツ組んでる人もいましたけどそのまんま回してる人もいましたね。彼らのバイクは他の荷物と一緒にコンテナで会場入りするから前の夜の9時には入ってるんですよ。でも、なんだかんだ準備するのに夜中1時くらいまでかかったって言ってましたけど。

たま:ダイス達は日本公演限定のメンバーだから扱いが違うんですね。

ダイス:そうですね。まあ、でも自分も海外に行って同じ立場だった時はやっぱり1時までかかって整備したりしましたからね。それはそれで大変ですよね。

たま:ダイスも海外でいろんなショーやコンテストを経験して長いからそういうのはかなり慣れてきてるんじゃないですか?

ダイス:そうですね、現場対応型だから(笑)

 

 

たま:2回目の参加という事ですが…

ダイス:そうですね。一昨年とほぼ一緒なんでだいぶ余裕っすね。お客さんの反応もすっげえいいっすね。

たま:待っててくれた感がありますか?

ダイス:前回からちょうどいい長さで間が空いたんで。忘れるほどじゃないけどあまり近くないくらい。

たま:前回お話うかがった時にも「またやると思うんで…」っておっしゃってたので、待ってた方も多かったと思うんですよね。

ダイス:そうっすね。去年もやりたかったんでしょうけど10周年にあわせて今年になったのかなーって思ってます。この後も結構忙しいみたいですよ。3ヶ月毎週アメリカで…とかオーストラリアも2〜3ヶ月毎週…とか。主要メンバーはずっと巡るようですね。

たま:参加できて楽しい?

ダイス:もうサイコーっすよ(にやり)全部楽しいです、はい。

たま:コンテストじゃなくショーだから緊張感も違うのかな?

ダイス:どっちもそんなに緊張するってことはないんですけど、ショーのほうがペースはゆっくりしてますね。1本飛んでわーってなってまた1本飛んでみんなでわー!ってなって…っていうリズムがいいので。そういう意味ではショーのほうが好きですね。

たま:ダイスはショーにむいてるかもしれませんね。

 

 

たま:今回はダイスと東野君と元樹君が出演しているということで…顔を合わせるのは久しぶりだったりしますか?

ダイス:会うのですか?ああ、久しぶりっすよ両方。ずっと会ってないですね。元樹と会うのは昨年末のGOBIG(11/29 埼玉オフロードビレッジ)以来じゃないですか。東野はいつだろ?どっか海外…フランスかどっかで…

たま:もはや日本じゃないんだ?(笑)皆いいカンジに散ってますよね海外に。

ダイス:そうっすね。俺と東野は同じマネージャーで、元樹だけマネージャーが違うんですよ。

たま:ダイスと東野君はフランスのパジェスと同じマネージャーですよね

ダイス:そうです。元樹はそれとは別の会社なんです。リーバイ・シャーウッドとかと同じで元々はマット・レボーのエージェントだったんですけど今はいろんなライダーのマネージメントをやってるみたいですね。

たま:ナイトロの公演が終った後のダイスの予定は?

ダイス:3月がそーとー忙しいですね。ナイトロが終った翌々日がインド。戻って来たらオーストリア行って戻って来たら新潟フライナイト[FLY NIGHT ON THE SNOW/新潟県魚沼市薬師スキー場で毎年開催されている雪上イベント。今年は3/25.26開催 (https://youtu.be/JgSzzLst2Cw)]ですね。

たま:じゃあ今回のナイトロで初めてダイスを観てファンになった皆さんには「新潟に観に来て」と?

ダイス:そうっすね、会場はスタッドレスなくても来れるんで(笑)。ほんとはその間にフランスのオファーも入ってたんですけどちょっと忙しすぎるなーと思って。俺もいい歳なんで…(笑)

たま:ダイスの口から「いい歳」という言葉を聞く日が来るとは…

 

3/25, 26開催 FLY NIGHT ON THE SNOW/新潟県魚沼市薬師スキー場

 

ダイス:最近、俺、ドローンにハマっちゃってて、ドローンのレースに出たくて。

たま:そんなのあるんですか?!

ダイス:あるんですよ〜、話し出したらたぶんそっちのほうが長くなると思いますよ(嬉しそう)

たま:じゃあ、それは今度ドローンのレースに出た時にうかがいましょう(笑)

ダイス:そうっすね。今、アマチュア無線4級っていうのが欲しくて。ドローンを操縦するのに電波がけっこう強いんで。

たま:ドローンのどこにハマったんですか?

ダイス:映像が観れるんですよね。ドローンの先にカメラが着いてて、こっちは眼鏡をしてコントロールするんですけど鳥になった気分なんです。それの免許も取りにいきました。面白いです。ヤバいっす。

たま:新しい玩具を見つけてしまいましたね(笑)

 

たま:先日お会いした時、福島のどこかの街の大使になられたと…

ダイス:ああ、広野夢大使ですね。広野町はエーゴ君のいたいわき市の隣の隣くらいなんですけど小久保陽介ってBMXのcredit315parkやってる…あの人の親戚が広野の役場の職員さんで「いつか広野町でFMXイベントをやりたい」って言ってくれてたんですね。去年初めてそれが実現して[ひろのウィンターフェスティバル2016(2/11)]昨年末にもやって[広野スタイル2016(12/23)]今年もまたやると思うんで。初めて見てもらった時に町長さんがすごい喜んでくれて、もっとFMXを呼ぶとしたら何かしらの関係があった方が呼びやすくなるということで、代表して俺が「広野夢大使」に任命される運びになったんです。

たま:では今後も広野ではFMXイベントを開催してくれると

ダイス:あります!

たま:ダイスは2016年に新潟県魚沼市の国際親善大使(グローバルうおぬまアンバサダー)にもなってるじゃないですか?ナイトロでFMXのファンになって次にまた観たいという方は広野町や魚沼市の情報にアンテナを張っておいていただければまた観れると…

ダイス:そうですね、ぜひ!

たま:最後にナイトロサーカスについて一言

ダイス:ナイトロサーカスはバイク好きだったり自転車好きだったりする方が観に来ることが多いと思うんですけど、初めて何も知らない人が観に来てもシンプルに面白いと思うので…小さい頃に滑り台滑った事がない人はいないと思うんですけど、それのおっきい版をやり続けてたら仕事になっちゃった人達の集団なんで(笑)何も知らない人を誘って観に来てほしいショーですね。

 

トレードマークでもあるイエローグリーンのハーフパンツとノースリーブシャツ。きっちりしたモトクロスウエアが主流となった今でも「ジャパニーズFMXスタイル」を続けるダイスはその技の大きさと相まって一度観たら忘れられない印象を残す

 

 

残る日本人ライダーとは20日の東京ドームのショー終了後にお話を伺うことになっていたのですが、彼らを待っていたドームシティ内のレストランがたまたまツアーメンバーの東京打ち上げ会場だった為、先程まで観ていたスゴ技アスリート達がうじゃうじゃいる中でのインタビューに。東野君のインタビュー中にハリー・ビンク[今回のショーで東野とともにロックソリッドバックフリップを決めた若手FMXライダー]が挨拶に来たり、インタビュー中の渡辺元樹君にトラビス・パストラーナがちょっかいをかけに来たり…日本のFMXライダーズがしっかりナイトロメンバーに溶け込んでいるんだなと実感させる光景が展開しました。

 

まずは久しぶりに帰国、今や世界のTAKAになられた東野貴行選手から。

 

 

  • 東野”TAKA”貴行

「エーゴ君が僕にしてくれたことを次の世代にしてあげたいですね」

 

たま:まずは東京公演を終えた感想を

東野:感想はね…覚えてないっす(笑)あのね、ほんま集中して楽しんで…かなり楽しめたんで。セットアップもシンプルで、自分のトリックに集中できるようになってるんで簡単って言えば簡単なんですよ。本来の自分のトリックを追求して練習できたんで気持ちよかったですね。

たま:じゃあ次の大阪では更にグレードアップして?

東野:次の大阪ではもう一皮剥けたい所なんですけどね。フリースタイルって波があるんですよ。合わせるようにはしてるんですけどなかなか自分で合わせていけないんです。ほんまにふとした事から調子狂う事もあるんで。ひとつの技がもうちょっとでクラッシュとかなったら頭脳が抵抗するというか…それをコントロールするのが難しいんですよね。昨日までは簡単にできてたことが今日の練習走行1回転びそうになったおかげで難しくなったりとかそういうレベルなんで。大阪でベストは尽くすんですけどそういう約束はできないんですよね。今日くらいのレベルならぜんぜんできます。でも大阪は地元なんでそれ以上にがんばりたいんで。

たま:なるほど。地元ならではのプレッシャーですね。

東野:ねえ。

 

 

たま:今回、日本に戻って来られたのはいつ頃?

東野:戻ってもう1週間半くらい経ってますね。茨城県霞ヶ浦の774コンパウンドで練習させてもらってたんです。クオーターパイプの練習場所がアメリカにはないんで東京に来るついでにって思って、ナイトロに「早めに日本に行くから」って言ったらオッケーしてくれて。一週間ちょっと練習できたんで調子はばっちりです。でもこういう(手振りで縦方向)ジャンプの練習をしてなかったんですよね。ずっとスポンジプールの着地で左に回るジャンプの練習ばかりを集中してやってたんで(ナイトロのジャンプには)ちょっとだけ心配はあったんですよ。でも大丈夫でした。やっぱり日本だとテンション上がりますからね。オーストラリアツアーやヨーロッパのツアーとは違う空気がありますね。やっぱり地元感というか特別なカンジがありますし、みんなの声援も励みになりますし。

 

ナイトロ恒例、チームUSAvsチームご当地。チームジャパンはカラテの道着を着て型を決めるなどの演出も盛り込まれてサービス満点。東野はチームジャパンの文字を誇らしげに示して見せていた。

 

昨日(2/19公演)は僕MCみたいなことして半分喋りながら乗ってたんですよ。でも昨日、公演時間が3時間かかったんで今日は30分カットするというのでそのMCの部分がなくなったんです。残念ですよね。めちゃくちゃおもろかったんですから。いちばんおもろかったのが、最初は質問されたことにちゃんと答えられてたんですけど、途中からマイクにエコーが効きすぎて「ぼぉぉぉん」ってなって何を聞かれてるのかわからなくて。マイク渡されても質問がわからないんで一瞬固まって「どうしよう?!」ってなって、しょうがないので「あ、もう次の用意せなあかんから行くわー」って答えて笑いをとってなんとかしのぎました(笑)後でMCのアリーさんにその説明してじゃあ次はそのへんなんとかするわ…みたいになってたんですけど結局そのコーナー自体がカットになったんで、おかげで走りに集中する事ができました(笑)

 

 

#ここでハリー・ビンクが「ヘイ!タカ、あの動画(2人でロックソリッドフリップをしたところ)もう観たか?」と乱入。東野が「いや、俺インターネットに繋げないから」と答えるとわざわざ自分のスマートフォンを取り出して見せ始めた。なんだか目の前ですごい人たちがすごいことしたのを反芻しているぞ(笑)

 

たま:すごい動画をすごい人達と観てしまいました(笑)

東野:ははは、そうっすね。張本人2人と(笑)ああいう若いのが引っ張ってくれるんで嬉しいですよね。

たま:彼は幾つですか?

東野:22歳かな。僕が31歳でしょ?もう困っちゃいますね(笑)

たま:10歳近く違うんですね

東野:ヤバいっす。僕からしたら「もう勘弁して下さい」ですよ。でも、ああいう若いコがおるんで僕もがんばんないとって思うし、まだ負けたくないっていうのもあるんですよね。じじいとしてがんばろう!みたいな(笑)面白いですよね。お互いにいい関係です。FMXの良い所はそこで、レースとかだとライバル同士はぴりぴりするじゃないですかでもフリースタイルにピリピリはないんです。同じ所を目指していて生きるか死ぬかの所にいるんで生還したことの喜びとかがすごいんですよね。X-FightersであろうがX-Gamesであろうがバトルしてても最後は皆友達やし、バトルしてる間もヘンな「挨拶せぇへん」とかそういうのがなくて皆がフレンドリーなんですね。そういうのもこのスポーツを好きな所ですね。自分との闘いが1人1人にあるんでそれを乗り越えているうちに皆仲良くなるみたいな所がありますね。

たま:だからかFMXにはファミリー感みたいなのがありますよね。

東野:めちゃくちゃありますね。僕は昔モトクロス(レース)をしてて年上の人が怖かったんですね。上からガミガミ言われるみたいなのがあって。それでフリースタイルに行った時にエーゴ君(佐藤英吾)もそうなんかなって心配やったんですよ。そしたらエーゴ君もダイス君もみんな先輩なのに同級生かの様に遊んでくれるじゃないですか。「なんだこれは?」みたいに思いましたね。それもまたFMXにのめり込んだ魅力のひとつでした。

たま:それがなかったら今の東野貴行はないと?

東野:ほんとですよ。それがなかったら嫌いになってたかもしれないですもん。バイクってほんまは楽しむもんであって楽しみながら皆でやるもんって思ってるんで。そこで楽しいのとは分けて自分でがんばるコとがんばらへんコってのは出て来ると思うんで「自分に勝つコ」ではあってほしいですけど「自分に勝つコ」であれば楽しみながらのほうが伸びると思うんですよね。難しいかもしれないですけど自分で「俺はここまでやる」って常に頭の中に線引いてがんばってたら伸びると思うし。やっぱり常に自分との闘いなんですね。怖いからやめるっていうこともいつでもできるんですよ。でも、怖くて調子悪くても「怪我してもいいから俺はここまでやろう」ってやる人か「怪我するからやめよう」ってやめる人かの違いなんですね。それだけでたぶんすっごい違うと思うんです。「どうせやらんで泣き寝入りするんやったら骨折れてでもやってやる」っていう人が勝って行くんだと思います。そういうことをエーゴ君は何も言わんと背中で語ってくれたんですね。ほんまに何も言わんとおんなじ所で戦って来た僕にしか見えない景色、観客では見えない景色それを見せてくれることで教えてくれたんですね。僕と同じ場所にいてあの怖いコンペティションのコースで、あの怖い状況で「いやあ、ちょっとここはコンディション悪いからやらんどこ」って思ってエーゴくんを見ると彼はやるんですよ。「うっわ!そんなエーゴ君がやるんやったら俺もやらなあかんやん!」って「逃げられへん!」って(笑)そういう風にしていっぱい習ったんで、僕もそうやって背中で語れるようになれればなって思うんですけど。舞台が同じじゃないとそれはできないんで。

たま:今回は若手が一緒だったじゃないですか。

東野:いやあ、でもこれはデモなんで、やっぱりコンペティションじゃないと。コンペティションの自分との闘いの中でないと。全然違うんですよ。ショーはあくまでもショーなんで。ショーはどうしても楽しい止まりで終るんで。

 

 

たま:若手と言えば今回10代でシンデレラデビューした大空君(江原大空/えはらそら)がいましたけど。

東野:そうですね。実は大空呼んだのは僕なんです。トラビスが昨日、8ヶ月振りにバイクに乗ってまさかの3本目で転んだでしょ?たぶん肋骨が折れてると思うんですよね。それで今日の朝、練習走行の1時間半くらい前にスタッフから「おい、トラビスの代わりで今日と大阪公演で飛べるライダー誰かおれへんか」って言われて。いや、今日の今日はちょっと無理やろってなったんですけど「関東地方で飛べるヤツなら誰でもいいか?」ってなった時に、ぎっさん(片桐弘貴)か大空か迷ってて。でもどちらかというと大空の方が近いと思ってとりあえず電話したんです。そしたら1回目出なくって。「次電話出えへんかったら運がないヤツなんやな」って思いながらもう1回電話したら「あ、はい」って出たんです。後から聞いたらあいつ学校から帰って来て寝てたらしいんですよ。それで「お前、3時半までに東京ドームに着いたら(ナイトロに)出れるからとりあえず今から来い!」って言ったら「え、でも、こないだタカくんとフォームピットに入った状態のままのバイクなんですよ」「どぉーーでもいいから早よバイク積んで来い!着いたもん勝ちや!」って(笑)

たま:ものすごいぎりぎりでチャンスをつかんだカンジですね(笑)

東野:昼寝の寝起きで寝ぼけてた上にそーとー慌ててたらしくてドーム着いて車から降りてきた姿見たらモトクロスウエアなんですよ(笑)「パジャマからそのまま着替えました!」ってFOXの上下で(笑)それでなんとか練習走行間に合って。それでも(バック)フリップをやらなかったんですよね。あれでフリップやってたら本番の出番も増えたんですけど。まあそれでもオーストラリアのランプで角度も違うんで飛べただけよかったっていうことで。

大阪公演はコータ君(釘村孝太)になります。コータ君も出たい出たいって言ってたんで電話で「コータ君これはチャンスやで!」って言いました。だから大阪は僕、ダイス、元樹、コータくんで。

たま:日本のベスト4じゃないですか!

東野:サイコーっす。それにしてもあと1時間ちょっとっていう所で「誰かおらんか」ってすごいですよね「お前、今更それを言うか?!」って思いましたもん。

たま:だったら昨日言っておいてって思いますね(笑)

東野:でしょ?でしょ?(笑)大空なんか「寝てたんす」ですからね(笑)「寝てたんすじゃない!いいからバイク積んで来い!」ですよ(笑)でもね、エーゴ君が僕にしてくれたことをこうやって大空みたいな後輩に、バトンを渡せたらって思うんですよね。なかなか気合い入ってるのもいないですけどね。

 

世界のTAKAの技はどれもダイナミック。それでいて美しい。多くのコンペティションとショーで鍛えられたフリップ技バリエーションの豊富さは群を抜いている。

 

たま:前に若手で誰を育てたいですか?って聞いた時に大空君の名前上げてらしたじゃないですか。

東野:そうなんですよ。でも、まあ、まだ気合い入ってないんでね(苦笑)「やらんよりかやってこけろ」っていうタイプの人じゃないんですよね。そういう人が今のコにいるかわかんないですけど、僕とかエーゴ君やったら「やらんのやったらやって骨折れよう」っていうカンジの「カミカゼ」やったんで。それで成功する部分が大半だと思うんで。あと1歩踏み出してほしいですよね。人に言われてでは絶対できないので。自分のメンタル次第ではじめてできることなんで。それによってどれだけ道が拓けるかってことに早く気付いてほしいですよね。やろうと決めてやり出したら絶対に何かが守ってくれるし導いてくれるってほんまに思うんです。僕はそういう「挑戦の時」にそれにだいぶ助けられたし。あの時にもしやらなかったら最初のX-Gamesも出られてなかったし。そういうことがいっぱいあるんです。やっぱり最後は自分との闘いですよね。

 

顔写真撮るよーと言ったらすかさずこの表情。どこまでいっても関西ノリ(笑)

 

たま:ちなみにこのインタビューはTheNewsmotoっていうウェブメディアに載るんですけども…知ってます?

東野:知ってます! モト林くん!!(マイクにめっちゃ近づいて)モト林くん、とりあえず載せてや〜!(笑)ありがとうございました!

 

クライマックスのトレイン。やはり圧巻。レギュラーメンバーに混じって遜色ないどころかひときわキレの良いダイス、東野、元樹(画面中央)の姿に日本人として誇らしさを感じる。

 

 

たまモト特別編「ナイトロ・サーカス」vol.1 はここまで。vol.2は近日公開予定! えかきやたまさんによる、世界最高峰日本人FMXライダー達へのインタビュー。納得のボリュームでお届けし〼

 

 

【インスタグラム】

 

 

3/25, 26開催 FLY NIGHT ON THE SNOW/新潟県魚沼市薬師スキー場

 

 

pc: Ryohey Photography, ekakiyatama

 


You may also like...