レースビデオ&リザルト|2017 FIMモトクロス世界選手権 MXGP 第2戦 インドネシアGP


 

 

2017 FIMモトクロス世界選手権 MXGP 第2戦 インドネシアGPのレースハイライトビデオ&リザルトをシェア。雨季のインドネシア、特設コースが降雨の影響で大変なことに…(そもそも雨季開催の上に土壌の緩い土地に特設GPコースは問題なかったのかの疑問も)

 

コースへのダメージを考慮して、予選日のMXGP, MX2両クラス予選レースをキャンセル。決勝のスタートグリッドは予選日のプラクティスタイム順となりました。

 

ここまでの悪コンディション、AMA含めた世界最高峰シリーズではあまり目にすることないレベルのある意味、貴重なレース映像という見方も。エンジョイ!

 

 

【MXGP 総合結果】

1. Shaun Simpson (GBR), Yamaha, 36:06.712 min (15 laps)
2. Glenn Coldenhoff (NED), KTM, +7.725 sec
3. Clement Desalle (BEL), Kawasaki, +12.501
4. Tony Cairoli (ITA), KTM, +39.427
5. Rui Goncalves (POR), Husqvarna, +43.580

17. Jeffrey Herlings (NED), KTM, +2 laps

 

 

【MXGP ポイントランキング 2 of 19】

1. Tony Cairoli…68
2. Clement Desalle…Desalle 60
3. Tim Gajser…56
4. Evgeny Bobryshev…44
5. Jeremy Van Horebeek…42
6. Glenn Coldenhoff…41
7. GautierPaulin…39
8. Shaun Simpson…36
9. Romain Febvre…34
10. Kevin Strijbos…34

17. Jeffrey Herlings…17

 

 

決勝日、最後のプログラムMXGPクラスのレース2は協議の結果中止。最もダメージが残るコンディションに加えてスコール予報もあり、ここまでのレース状況見る限り致し方ない判断でしょう。

 

 

【MX2 総合結果】

1. Jeremy Seewer, (SUI), Suzuki (1-2)
2. Samuele Bernadini (ITA), TM (8-1)
3. Julien Lieber (BEL), KTM (3-4)
4. Thomas Kjer Olsen (DEN), Husqvarna (6-5)
5. Davy Pootjes, (NED), KTM (2-14)

14. Pauls Jonass (LAT), KTM (14-25)

能塚智寛 (日本), Honda (30-30)

 

 

【MX2 ポイントランキング 2 of 19】

1. Julien Lieber…78
2. Jeremy Seewer…72
3. Benoit Paturel…71
4. Thomac Kjer Olsen…67
5. Pauls Jonass…57
6. Samuele Bernardini…54
7. Brent Van Doninck…45
8. Davy Pootjes…40
9. Vsevolod Brylyakov…35
10. Brian Bogers…34

 

ジェレミー・スィーバー(スズキ)がキャリア初総合優勝。サムエル・ベルナルディーニ(TM)キャリア初レース優勝。ジュリアン・リーベル(KTM)キャリア初ポイントリーダーと波乱の一戦を象徴するかのような記録尽くしのインドネシアGPとなりました。

 

レース2は悪コンディションの為、約20分経過時に赤旗中断。そのままレース成立に。

 

能塚智寛選手は転倒やマシントラブルもあり、ノーポイントに終わっています。

 

 

MXGP事件簿|泥地獄絵図@ FIMモトクロス世界選手権 インドネシアGP

pc: Ray Archer


You may also like...