【夏休みスーパークロス研究】『Bar to Bar 2010 – Monster Energy Supercross』

sr141230banner

sr150812sx

モトクロスキッズの夏休み自由研究に最適の企画!「過去スーパークロスを振り返ろー!」を毎日シェア予定。モンスターエナジースーパークロス公式チェンネルに毎シーズンリリースされる総集編ビデオ「Bar to Bar」が公開。初日は、2010年シリーズ450SXクラスの総集編です。

 

それまでのカーマイケル、スチュワート、リードの時代から、カーマイケルが引退。そして「スチュワート VS リード」の一騎打ちの時代が続いてきましたが一転、若手の台頭もあり、群雄割拠な印象を与えた開幕戦。そして後のスーパークロス世代交代を占う、振り返ると大変重要なシーズンでもあったのが、2010年のAMAスーパークロスでした。マクグラス以来となるルーキーのチャンピオン誕生瞬間を。エンジョイ!

 

 

絶対と思われていた「スチュワート VS リード」の構図がこの年に崩れ、両者欠場。ここから「ビロポート VS ダンジー」の新世代・新時代の幕開けとなったのです。そうなんです、古くは1980年代のリック・ジョンソン、ジェフ・ワード時代から勢力図塗替えや世代交代は、スタントン、マクグラス、カーマイケル等、若手の台頭によっていつの時代も突然訪れるものなのです。突然! レース史が証明してくれています。

 

Position
Rider
Points
1 Ryan Dungey 363
2 Kevin Windham 293
3 Davi Millsaps 268
4 Ryan Villopoto 266
5 Justin Brayton 238
6 Josh  Hill 233
7 Nick Wey 197
8 Tommy Hahn 186
9 Ivan Tedesco 183
10 Kyle Chisholm 177

 

こんな感じで、過去のスーパークロスシリーズを振り返っていくとこれまでよりも新しい楽しみを発見したり、現在のリザルト以外のところで色々なものが見えてくるのではないかと…

 

次回は、2011年のAMAスーパークロス450SX総集編です。

 


You may also like...