ハイライトビデオ|2016 FIMスーパーエンデューロ世界選手権開幕戦 ポーランド


 

sr161212blazusiak2

 

2017 FIMスーパーエンデューロ世界選手権開幕戦 ポーランドのハイライトビデオ&リザルトをシェア。

 

これまで、スーパーエンデューロ(V6王者)を始め、ハードエンデューロ界を牽引してきたタディ・ブラズシアク(KTM)の地元大会にして、現役最後の引退レースとなります。エンジョイ!

 

 

【総合リザルト 1 of 4 Races】
1. Taddy Blazusiak (POL), KTM, 58 points (1-1-2)
2. Colton Haaker (USA), Husqvarna, 54 (2-3-1)
3. Alfredo Gomez (ESP), KTM, 45 (4-2-3)
4. Jonny Walker (GBR), KTM, 44 (3-4-4)
5. Mike Brown (USA), Husqvarna, 31 (6-5-5)
Other KTM
6. Manuel Lettenbichler (GER), KTM, 26 (5-8-6)

 

sr161212blazusiak1

 

近年は負傷に苦しむことも多かったですが、自国開催、現役最後のレースで総合優勝というこれ以上ない形でブラズシアクがレースキャリアに幕を下ろしました。トップレベルのコンペティションからの引退ということで、今後も別の形でブラズシアクのライディングを見る機会はありそうです。

 

ディフェンディングチャンピオンのコルトン・ヘイカー(ハスクバーナ)は手堅く2位。AMAエンデューロクロスでヘイカーとタイトルを争ったコディ・ウェブ(KTM)は今季のFIMスーパーエンデューロ世界選手権出場はありません。全4戦の短期決戦となるシリーズ。タイトル争いはヘイカー大本命と見て間違いなさそうです。

 

sr161212blazusiak3

 

世界トップレベルのコンペティションの世界で「優勝」という形で引退出来るアスリート、そうそういるわけではありません。

 

© Marcin Kin KTM Media Library

 


You may also like...