【スーパークロス事件簿】J・スチュワートDNFの真相!


sr160112stewart

波乱や予想外の展開の印象が強く残った2016AMAスーパークロス開幕戦アナハイム。W・パイクの例の件に続いての事件は…

 

残念過ぎる、ジェームズ・スチュワート転倒リタイア… 衝撃の一瞬でした…

 

 

「コレは…」

 

450SXメインレース赤旗再スタートの原因がスチュワートの転倒でした。

 

この最終コーナー、他のレースでも幾度もラインが交差するシーンが見られ、転倒につながったケースもありました。

 

直接的な原因は、ダンジーのラインの見誤り。ヒートレースでもダンジーは同様のケースを起こしていて、その際はボーグルに接触し、自らが転倒。コントロールを失ったボーグルはバーシアに追突し、バーシアはコースアウト…

 

ダンジーらしくないミスが目立った開幕戦でしたが、スチュワート自身もレース序盤、混戦の中あの鋭いライン切り返しは少々リスキーな判断だったのでは?という見方も出来ます。

 

どちらが良い悪いというケースではなく、レースでは起こりえるハプニングだと考えますが、ホント残念。スチュワートは、禁止薬物使用によるレース出場停止処分から一年振りの公式戦、しかも開幕戦でいきなりリタイア。厳しいシーズンスタートに。

 

sr160112stewart7

 

心配されるスチュワートの状態ですが、脳震盪を起こしており、次戦Rd.2 サンディエゴ出場は現時点で不透明。出場へはレギュレーションで脳の再検査が義務付けられているようで、リリースによると再検査の結果次第ではサンディエゴ出場見送りの可能性もあるそうです。

 

 


You may also like...