【モトゴシップ】R・ビロポート引退公式発表!


11665561_848660051837450_190244427158751212_n

 

先日のモトゴシップでお伝えしたことが現実に…

 

昨晩深夜にカワサキヨーロッパから電撃が走るニュースが。「ビロポート、MXGPシーズン半ばで引退」。以下、ビロポート個人からのリリースと翻訳ソフトによる翻訳です。

 

It is with gratitude, humility, a bit of sadness but without regret, that I announce my retirement from motorcycle racing today. As many of you know, I experienced a pretty horrendous crash back in April that left me with multiple fractures in my tailbone along with soft tissue damage. My initial thought was that I could be back riding in a few weeks if I just stayed quiet for a while. That has not proven to be the case. Follow-up X-Rays have made clear that I also suffered severe compression of multiple disks in my lower back. I am still in significant discomfort and I realize that even if I start my fitness program and training now that I been cleared by my physician, I will not be able, prior to the end of the MXGP season, to achieve the fitness necessary for me to compete at the level I have always striven for.I am grateful for having had the opportunity to do something I have loved since I was a kid and turn it into my livelihood. I am grateful for the support of my family for all the years they spent hauling my bikes and me around to races, interrupting their lives in the process.

I am grateful for the support of my many sponsors through the years. What people don’t often think about, when it comes to individual “action” sports like motocross, is that we rely on sponsors to compete. In motocross, the sponsors aren’t just a name on your jersey – they are part of your racing team. If they are good, they are sponsors in the truest sense of the word. They are involved in building the best bike, putting together the best team, supporting your training, and so much more. So, with that in mind, first and foremost I want to thank Kawasaki, which has been my bike of choice since my Team Green days. They have been with me through ups and downs, serious injuries and great successes. They’ve always cared about me and I’ve been successful in large part because of it. THOR/Parts Unlimited and Monster Energy Company have been with me through it all as well. Thanks also to DC, GoPro, Oakley, Alpinestars, Atlas and Mobius Braces. Each of you has been an integral part of making this an amazing career.

I want to thank my long-time agent, my friend, Bobby Nichols, and his agency The Sports Syndicate, for the strong guidance and support they have offered my entire career.

But most of all, I’m writing this retirement note to my fans. I am grateful for the hundreds of thousands of fans, not only in the U.S., but throughout the world. It is amazing to know that you have cared so much and been so supportive along the way.

That gets me to the sadness about making this decision now. I was so stoked to make the decision to be a part of MXGP racing. It has always been important to me to ride my best and to be in the best possible position to give my best, in part because of wanting to give back to you, the fans. I am sad that this year did not work out the way I had hoped in that regard. I wanted to be at my best, to compete with these riders who are among the very best in the world and leave it all out on the track as each of them does every race. The sadness is that I only got to do that for a few races.

I am grateful to have had the chance to race with the very best in world, my competitors in Supercross and Motocross in the States as well as those who make the MXGP what it is. I am grateful to know that our competitiveness helped to continue the growth of our sport.

I leave with no regrets. I have been blessed to experience so much of life through my racing. I have never wanted to disappoint my fans nor my supporters and my hope is that for the most part I have lived up to that.

Again, thanks to each and every one of you who have been a part of my team.

Sincerely,

Ryan Villopoto

 
 
別れを告げた。それは、感謝の気持ち、謙虚さ、後悔、オートバイ レースが今日から私の退職を発表することがなく悲しみのビットです。知っているの多くとして、軟組織の損傷と共に私の尾骨に複数の骨折を私に残した 4 月にはかなり恐ろしいクラッシュを経験しました。私の最初は、しばらくの間、静かな宿泊された、私が戻るが乗ること数週間で私はちょうど場合と思った。そ れはケースのように証明されていません。フォロー アップ x 線も私の腰に複数ディスクの度に圧迫を受けた私がクリアしました。私はまだかなりの不快感と私は場合でも、私は今では私は私の医師がクリアされて私の フィットネス プログラムとトレーニングを開始、私は MXGP 季節の終わりの前に、ことはできません、フィットネスを達成するために私レベルで競争するために必要な私を持って常に邁進を実現します。

私は何か私は子供の頃から愛しているし、私の生活にそれを回す機会があったことを感謝しています。私は私の家族のサポートに感謝して彼らは私のバイクと私の周りをレースに運搬を過ごしたすべての年のプロセスに自分たちの生活を中断すること。

私は長年の私の多くのスポンサーの支援に感謝します。人々 はしばしばだと思うについては、モトクロスのような個々 の「アクション」スポーツに関しては、我々 が競争するためのスポンサーに頼ることです。モトクロス、スポンサーはあなたのジャージに名前だけ-レーシング チームの一部であります。彼らは良いが場合、は、単語の本当の意味でのスポンサーです。彼らは最高のチームは、サポート、トレーニング、およびそんなに多 くを一緒に入れて、最高の自転車を構築に取り組んでいます。だからを念頭に、何よりもまず感謝たいチーム グリーン時代からの選択の私の自転車をされている川崎。彼らは私と一緒に浮き沈み、深刻な傷害および大成功をしてきた。彼らについてはいつも私と私はそれ のために成功してきた。トール/パーツ ・ アンリミテッド、モンスター エネルギー会社行われている私と一緒にそれをすべてと同様。DC、GoPro、オークリー、アルパインスターズ、アトラス、メビウスかっこにも感謝。あな たのそれぞれは、この素晴らしいキャリアを作るの不可欠な部分をされています。

私は私のエージェントは長年、私の友人、ボビー ・ ニコルズと強力な指導と彼らは私の全体のキャリアを提供しているサポートのための彼の代理店のシンジケート スポーツを感謝したいと思います。

しかし、すべてのほとんど私のファンにこの退職のメモを書いています。私は、米国のみならず世界中のファン数千人の何百もの感謝しています。そんなに世話して途中だから支持されているなんて驚きです。

それは今この意思について悲しみに私を取得します。私はだから MXGP レースの一部とする決定をする興奮していた。常に私は私の最高に乗るとベストを尽くして、一部ファンに恩返ししたいのための最高の可能な位置にすることが 重要だった。私は悲しい、今年はその点で私が望んでいた方法を動作しませんでした。これらの競技者は非常に最高の間では、世界と競争して、それらの各々 はすべてのレースのトラックにすべてを残す、最高の状態ですると思った。悲しみは、のみいくつかのレースのこと、です。

私はスーパーとそれこそ、MXGP を作る人と同様、アメリカのモトクロスに私の競争相手は、世界で最高のレースをするチャンスを持って感謝しています。私は競争力の私たちのスポーツの成長を続けることを助けたことを知って感謝します。

後悔しないと出る私はあまり私のレースを通して人生の経験に祝福されています。私は決して私のファンも私の支持者を失望させると思っているし、私の希望は、ほとんどの場合住んでいるを。

再度、感謝私のチームの一部となっている人の各 1 つ。

心から、

Ryan Villopoto

 

 

今シーズン限りでの引退は表明していたものの、シーズン半ばでの引退の直接的な原因として4月のトレンティーノGPでのクラッシュによる尾骨と腰へのダメージが挙げられ、レース復帰には今シーズン中に間に合わないとの判断があったとのこと。噂されていた神経へのダメージというのは腰の圧迫骨折からの影響からと見て取れます。

 

この他にもカワサキからのリリース等もあるのですが、他にも海外メディア等に目を通したり、これまでのモトゴシップ等を総合すると、怪我による引退…  というよりは、2014年限りで引退を考えていたビロポートがカワサキとの契約満了年への新たなモチベーションの為にMXGP参戦への道を選択、残念ながらビロポートのプラン通りには行かず、負傷もあり、今回シーズン途中での引退に至ったというように受け取ることが出来ます。

 

怪我が直接の引退の原因ではなく、ライダーのレースへのモチベーションの問題…  過去、多くの伝説的なモトクロスチャンピオンの姿を追ってきましたが、今回のビロポート引退、改めて深く知れば知る程、色々と考えさせられるものになりそうです。

あのマクグラスに並ぶ、4年連続スーパークロスタイトル獲得! 5度のAMAモトクロスタイトル獲得! 個人的にはスーパークロス・アウトドアモトクロスの現代モトクロス最強最速のライダーであったと思います。勝利数ではなくタイトルの実績として、マクグラス、カーマイケルと並ぶかそれ以上の功績かと。

 

引退、予想はされていたこととはいえやはりショック。しかしアマチュア時代から、スーパークロス・アウトドアモトクロス問わず最強ライダーへと進化していく姿をリアルタイムで見れたことは幸運だったし、感謝! ありがとー、ビロポート!

 


You may also like...