ヤバすぎるスキル殿堂入り|「スチュワート・デイトナ・ウォールジャンプ」ビデオまとめ


sr150312bb

【2016年3月24日の記事を再編集】

 

「スチュワート・デイトナ・ウォールジャンプ」括りでビデオまとめです。過去のデイトナSXでのビデオになりますが、今見てもいまだに強烈なインパクトを与え続けてくれる衝撃シーンばかりです。エンジョイ!

 

 

2014年のヒートレース時のサプライズ! 負傷欠場のC・リードの代役で250時代のD・ウィルソンがTwo Two Motorsportsからスポット参戦し、まさかのトップ快走。それを追うババのラストラップの仕掛け!

 

ぶっ飛んでます! ぶっ飛び過ぎです! 結果、パッシングには成功しませんでしたが、衝撃的でした。

 

 

これもスチュワートならではの規格外な「ヤバすぎるスキル」。デイトナ名物のウォールジャンプを手前のギャップ状の僅かな段差を利用して一気に飛び越します!

 

強く記憶に残るシーンです(クラッシュシーン含めて…)。因みにこのウォールジャンプ攻略で、2位走行のビロポートよりも2秒速いラップで走行していたそうですが、会場を一気に盛り上げながらも自ら幕引きしてしまうのもスチュワートならではな2011年のデイトナSXでした。

 

オマケは、コチラも「スチュワート・デイトナ・ウォールジャンプ」まとめに偽りはなく、弟マルコムのウォールジャンプです。

 

 

DNA、血は争えないってこのことですね。やっぱり最高です、スチュワート兄弟!

 

 

クラシックモトビデオ|2014 AMAスーパークロス ジェームズ・スチュワート3連勝ハイライト


You may also like...