2018 ストレートリズム目玉企画|ロニー・マック新ビデオ作品『Mac To The Past 69』

sr141230banner

 

2018年も開催決定「レッドブル・ストレートリズム」。リアルエキサイトバイクとも言える、コーナーなしのストレート一直線バトルが人気のイベント。シーズンオフ恒例のイベントとして定着しつつある中、今年度大会は、2ストロークマシン限定(電動バイク参戦可)としても話題の一戦に。

 

 

「グーン神」ロニー・マックの参戦が昨年大会に引き続き大きくフィーチャーされており、それに応えるように今年も「レッドブル・ストレートリズム」参戦に向けての映像作品がリリース。

 

昨年の作品同様に名作映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』題材のパロディ作品。今回は昨年大会転倒敗退の悪夢を拭いきれないロニー・マックが転倒の原因を自らのミスではなく「足が外れたのはステップが原因」と責任転換(笑)。1998年にタイムスリップし、ジェレミー・マクグラス用のファクトリー仕様ステップを手に入れようするという内容。カメオ出演やマクグラス役やエミッグ役登場シーンもお見逃しなく。各ネタ時代設定の多少のズレはご容赦して下さい(笑)エンジョイ!

 

 

オモシロイ!! 期待を裏切らない納得のクオリティ。

 

時代設定や当時ネタを上手くいかしたストーリーはモトクロスマニアとしてとてもよく練られた内容。ただ無茶苦茶するだけでなく、キャラ設定から付随するストーリーまで作り込まれた完成度の高さがロニー・マック関連ネタを飽きさせず、いつも我々を楽しませてくれる秘訣でしょう。作家さんとかいてもおかしくないレベルの面白さ。

 

 

タイムスリップ後の裸でオーバーオール着ているのが、若き日のロニー・マック自身。テストコース散水アルバイト担当していた過去の経験から今回のステップを計画という流れ。クラッシュで壊れたヘルメットを手にするシーンは、ロニー・マックのファンとしては見逃せない「ロニー・マック誕生の瞬間」ということでしょうか。

 

 

マクグラスの全盛期ライバルの一人で、後にマリファナ含んだ飲料をアリゾナ州の観光地ハバス湖で所持し逮捕、1999年当時所属のカワサキファクトリーを解雇されたエミッグに遠回しに注意を促すシーンは、90年代以降のAMAモトクロスシーンをよく知る方には、ニヤリとするシーン。

 

お騒がせキャラのロニー・マック、今後も「レッドブル・ストレートリズム」関連トピック出てくればシェアしていき〼

 

レッドブル公式|レッドブル・ストレートリズム「2ストロークシュートアウト」総集編ビデオ
ストレートリズム目玉企画|ロニー・マック新ビデオ作品『Mac To The Future 69』
公式プロモビデオ|2ストローク限定大会「2018 レッドブル・ストレートリズム」


You may also like...