レースビデオ&リザルト|2017 FIMモトクロス世界選手権 MXGP 第18戦 オランダGP


 

 

2017 FIMモトクロス世界選手権 MXGPシリーズ 第18戦 オランダGPのMXGPクラス、MX2クラスの決勝レースビデオ&リザルトをシェア。

 

オランダGPの会場はMotoGPも開催される歴史あるロードサーキットのアッセンが舞台。メインスタンドエリアを中心に砂を運び込みレイアウトされた特設コースで、3年目の開催となります。酷暑のアメリカGPから1週間後、舞台は再びヨーロッパへ。

 

最終戦を前にタイトル確定の可能性があるMXGP、MX2両クラス。カイローリとジョナスのレッドブルKTM勢の結果は? ハーリングス、コールデンホフ等、有力地元オランダ勢の活躍は? シリーズ大詰め見どころ満載です。エンジョイ!

 

 

【MXGP 総合結果】
1. Jeffrey Herlings (NED), KTM (1-1)
2. Romain Febvre (FRA), Yamaha (4-3)
3. Max Anstie (GBR), Husqvarna (3-4)
4. Tony Cairoli (ITA), KTM (2-6)
5. Max Nagl (GER), Husqvarna (10-2)

 

 

カイローリがレース1で自身9度目となる3年振りのタイトル決定! そのレース1では守りに入らずに勝負にこだわったとコメントし、フィニッシュまでハーリングス相手に王者らしい好レースを展開。総合優勝は地元オランダ、サンド世界最速ハーリングス。文句なしの圧倒的勝利。総合2位には2015年王者のフェーブルがシリーズ終盤の好調を維持。総合3位にアンスティと表彰台は新鮮な顔ぶれに。

 

 

【MXGP ポイントランキング 18 of 19】
1. Tony Cairoli, 710 points – 最終戦を前にV9タイトル確定
2. Jeffrey Herlings, 627 – シリーズ終盤戦の勝星積み重ねでランキング2位を確定
3. Gautier Paulin, 571
4. Clement Desalle, 544
5. Tim Gajser, 485

 

V9王者カイローリ、GP最多記録ステファン・エバーツのV10を目指します。若手チャンピオンの2人、ガイザーとフェーブルに加えて、MX2王者ハーリングスの参戦もあり、カイローリの王座奪還は厳しいものになると思われましたが、シリーズ中盤からはベテランらしい安定した走りにライバル達の負傷もあり、ポイントランキング独走状態へ。見事王座奪還成功!レッドブルKTMのランキング1、2も確定したオランダGPでした。

 

 

 

【MX2 総合結果】
1. Jorge Prado (SPA), KTM (2-1)
2. Pauls Jonass (LAT), KTM (1-7)
3. Jeremy Seewer (SUI), Suzuki (9-3)
4. Calvin Vlaanderen (RSA), KTM (4-4)
5. Thomas Kjer Olsen (DEN), Husqvarna (8-3)

 

昨年プロデビューを果たしたオランダGPでプラドが見事な総合優勝獲得。荒れた展開の後続をよそに得意のスタートからレースを優位に進める展開。熱中症もあり、ノーポイントに終わったアメリカGPから見事復活の勝利。総合2位には最終戦前にタイトル確定の可能性もあったジョナス。レースでの自らのミスによりタイトル決定は最終戦へ。カイローリのように勝ちにこだわったレースをするとコメント。ランキング上、ジョナスを追うスィーバーが総合3位。相変わらずミスが続く厳しい展開で逆転タイトルに向けてのチャンスを自ら逃すレースが続きます。

 

【MX2 ポイントランキング 17 of 19】
1. Pauls Jonas, 735 points – 次戦最終戦レース1終了時に25点差のリードをキープしていれば初タイトル確定。
2. Jeremy Seewer, 694 – 逆転タイトルは絶望的な状況ではありますが最後に意地を見せられるか?
3. Thomas Kjer Olsen, 556
4. Benoit Paturel, 504
5. Thomas Covington, 485

 

 

予選レースビデオ|2017 FIMモトクロス世界選手権 MXGP 第18戦 オランダGP


You may also like...