ハイライトビデオ&リザルト:2016 FIMモトクロス世界選手権 MXGP 最終戦 Rd.18 USA GP


 

sr160912mxgpglenhelen

 

2016 FIMモトクロス世界選手権 MXGPシリーズ 最終戦 Rd.18 USA GP(グレンヘレン)決勝レースハイライトビデオ&リザルトをシェア。

 

前戦に引き続き、アメリカラウンド。最終戦は西へ移動し、USオフロードバイクシーンを代表するコース、カリフォルニア州のグレンヘレンで開催です。

 

世界のレースファン待望の「MXGP vs. AMA」の対決構図が今回も実現。エンジョイ!

 

USA GP ハイライトビデオ

 

 

MXGPクラス Best Moments Video

 

MXGP 総合結果
1. Eli Tomac (AMA) 1-1 Kaw
2. Antonio Cairoli 2-2 KTM
3. Tim Gajser 4-3 Hon
4. Max Nagl 3-4 Hus
5. Gautier Paulin 10-5 Hon
6. Glenn Coldenhoff 6-12 KTM
7. Evgeny Bobryshev 11-8 Hon
8. Jeremy Van Horebeek 5-14 Yam
9. Arnaud Tonus (AMA) 13-7 Kaw
10. Shaun Simpson 12-9 KTM
21. 山本 鯨 20-20 Hon

 

 

2016 MXGP ポイントランキング
1. Tim Gajser 731pts Hon
2. Antonio Cairoli 647pts KTM
3. Max Nagl 603pts Hus
4. Romain Febvre 564pts Yam
5. Evgeny Bobryshev 545pts Hon
6. Jeremy Van Horebeek 536pts Yam
7. Glenn Coldenhoff 406pts KTM
8. Clement Desalle 372pts Kaw
9. Valentin Guillod 352pts Yam
10. Shaun Simpson 343pts KTM
27. 山本 鯨 40pts Hon

 

タイトルは前戦で、ティム・ガイザー(ホンダ)が参戦初年度にして獲得。「MXGP vs. AMA」のバトルが見どころとなった一戦。MXGPクラスでは、AMAスポット参戦組のイーライ・トマック(カワサキ)のスピードが炸裂!レース中のベストラップでは、レース1は約1.5秒、レース2では約2.5秒以上の驚愕のスピード差。課題のスタートで出遅れるも、両レースともに独走で完全優勝を果たし、前戦アメリカズGPから負け知らずの4連勝となりました。

 

新王者ガイザー、昨年度王者フェーブルは精彩を欠くライディング。MXGP勢ではV8王者アントニオ・カイローリ(KTM)が最上位、総合2位で意地を見せました。

 

日本人唯一のMXGPライダー、山本鯨選手は両レースでポイント獲得。シリーズ後半戦に負傷欠場が続く残念なシーズンでしたが、昨年と同じランキング27位でシーズンを終えました。

 

 

MX2クラス Best Moments Video

 

MX2 総合結果
1. Jeffrey Herlings 1-1 KTM
2. Jeremy Martin (AMA) 2-2 Hon
3. Mitchell Harrison (AMA) 5-5 Yam
4. Max Anstie 8-4 Hus
5. Jeremy Seewer 11-3 Suz
6. Benoit Paturel 6-9 Yam
7. Brian Bogers 9-7 KTM
8. Thomas Covington 4-14 Hus
9. Chris Alldredge (AMA) 7-11 Kaw
10. Austin Forkner (AMA) 3-18 Kaw

 

 

2016 MX2 ポイントランキング
1. Jeffrey Herlings 739pts KTM
2. Jeremy Seewer 625pts Suz
3. Benoit Paturel 512pts Yam
4. Max Anstie 504pts Hus
5. Pauls Jonass 403pts KTM
6. Brian Bogers 398pts KTM
7. Dylan Ferrandis 378pts Kaw
8. Samuele Bernardini 377pts TM
9. Petar Petrov 351pts Kaw
10. Aleksandr Tonkov 320pts Yam

 

新王者ハーリングスの完全優勝。2014, 2015年のAMAモトクロス250MXGPクラス王者 ジェレミー・マーティン(ホンダ)との対決が見どころのひとつでもありましたが、ガイコホンダへの電撃移籍直後や肋骨骨折からの復帰戦ということもあり、今回はハーリングスの強さ、スピードが上回った形に。

 

アメリカズGP同様にオースティン・フォークナー(カワサキ)も活躍を見せましたが、レース2では度重なる転倒もありリタイア。2戦連続表彰台とはならず。

 

V3王者ハーリングスはこのレースが、250ccでの最後のレースに。

 

 

pc: Acevedo J.P.


You may also like...