ヤバすぎるスキル|「完璧スタート」リッキー・カーマイケル in ジャパン


 

banner_728_90_2016_08_02

 

 

AMAレジェンド、リッキー・カーマイケル再来日、未だ興奮冷めやらぬ中、デモラン、サイン会が行われた全日本モトクロス選手権 第4戦 SUGO大会翌日の月曜日、場所を岩手県の藤沢スポーツランドへと移してスズキライダー対象のライディングスクール「リッキー・カーマイケル・ユニバーシティ(RCU)」と国内外メディア対象マシン試乗が行われていたのですが、ライディングスクールでの貴重な映像をシェア。

 

まずはカーマイケルによるデモスタートシーンから。エンジョイ!

 

 

いきなりホールショット確定レベルの超絶スタート。引退から10年、未だ衰えぬテクニックの精度の高さを披露し、納得の「GOAT」感。美しい!!

 

 

スクールで解説されたスタートテクニックのほんの一部ですが紹介すると…

 

【スタート時の前傾姿勢】

  • ハンドルバーに身体を近づけすぎないこと(上記画像参考)
  • その姿勢からクラッチを離した瞬間に更に前傾姿勢へと移る(フロントアップを抑制)
  • 最初から前傾姿勢を取りすぎるとフロントアップし過ぎた際に制御不可能

 

【足の位置】

  • ステップの前に足を置く
  • 加速時にステップ前方にあてた「ふくらはぎ」で身体を支えて前傾姿勢を維持

 

前傾姿勢に関してはレース参戦経験豊富な方であればご理解いただけるかと思いますが、実際のスクール時にはかなり具体的なポジションにまで言及しています。

 

足の位置はかなり興味深いものでした。ステップ前に足をおくことは基本的なものですが、クラッチミート後の加速時にすぐにステップに足を戻すことよりも加速に耐えうる前傾姿勢を維持するために「ふくらはぎ」利用することをはっきりと解説。マシンの高性能化も進み、加速時に身体が置いていかれる恐怖からアクセル開けられないこともあるので、この「ふくらはぎ」で身体を支えるテクニックは積極的に取り入れていきたいテクニックではないでしょうか?

 

以上踏まえて再度、上記ビデオをリピート再生することオススメします。カーマイケルの前傾姿勢のタイミング、足の位置確認をお忘れなく!

 

 

この後、参加者が実践する流れに。カーマイケルとこの距離感。

 

 

「山羊」熱血指導! これはある意味、実際のレースよりも緊張してしまうかも?

 

リッキー・カーマイケル再来日に関する記事、今後もえかきやたまさんによる「たまモト特別編」で掲載予定です。乞うご期待!

 

 

ヤバすぎるスキル|特大ウィップ by リッキー・カーマイケル in ジャパン
モト辞典|「山羊 → GOAT」リッキー・カーマイケル
AMA最多勝記録保持者|11月27日はAMAレジェンド、リッキー・カーマイケルの誕生日!

ekakiyatama

 

banner_728_90_2016_08_02

 


You may also like...